These foolish things

音楽を中心に新しいもの、古いものをなどMy Favaritesを。時には映画やWho's Whoなども

逃げるは恥だが役に立つ

逃げるは恥だが役に立つ(TVドラマ)



気づくのがおくれて物語も後半になってから見始めたのですが、とんでもないドラマでした。内容が余りに凄くて圧倒されたため、放送が終わった今になっても、'群盲象をなでる'みたいなもので、とても全体の感想を書くことが出来そうにありません。なにより、拗らせ理系の独身男が出てくるストーリーは身につまされました。。

20161224f.jpg

このドラマは現在の日本の社会が抱えている色々な問題、例えば安定した職業につけず低賃金に甘んじざるを得ない就職難、リストラ、高齢になっても結婚しない/あるいは出来ない若者達、女性達が直面しているガラスの天井、性的マイノリティ差別の問題など、を逃げずに取り上げつつ、一方的に意見を押し付けるでもなく、視聴者自身に考えされるよう構成されていました。


登場人物も主人公の二人からして、何事も感情でなく理詰めで考え、部屋の隅の僅かな埃やガラスの水滴の跡まで気にするほどの潔癖症の上、自尊感情が低く女性とは壁を作って関ろうとしない理系の悪い見本のような平匡と、院卒ながら就職に失敗した無職でかつ、積極的に口を挟む性格が災いして過去に小賢しいと言われたことがトラウマとなってしまっているみくりという、それぞれ欠点を抱えている人物でした。また、周りの人たちも同じように何かしら普通でない部分を持っています。

主人公の二人はともに頑固なところがありますが、最終話で平匡が言ったように、人を見下したりぜずお互いのやりとりのなかで相手の身になって考えていることを想像することが出来るよう次第に変化したことで、に殻を少しずつ破って素直な素の自分をさらけ出せるように変わっていくことができたのだと思います。

全編、セリフのほとんどが名セリフだったと思いますが、以下特に気になった部分です。

みくり「好きの搾取」→これは聞いた瞬間にショックを受けました。たった一言でどんな解説番組よりもインパクトが大きく、考え込んでしまいました。

平匡「みくりさんが閉じたシャッターは、いつか僕が閉じたものと同じかもしれない。だとしたら、僕は開け方を知っている。何度も何度も呆れるほど、見捨てずにノックしてくれたのは他の誰でもないみくりさんだ。

20161224b.jpg


平匡「生きていくのって面倒くさいんです。それは一人でも二人でも同じで、それぞれ別の面倒くささがあって、どっちにしても面倒くさいんだったら、一緒に居るのも手じゃないでしょうか。
→私の30代も似た感じだった。一人で衣食住の最低レベルは何とかできるがそれだけで良いのか。逃げていないで、他の人と関りあって一緒に生きていくのも良いのではないかとようやく思い始めたことがあったので、平匡と少し似ていた。

二人「私達を縛る全てのものから、目に見えない小さな痛みから、いつの日か解き放たれて、時に泣いても笑っていけますように。たくさんの道の中から思い通りの道を選べたり、選べなかったり。どの道も面倒くさい日々だけど、どの道も愛おしい日もあって、逃げてしまう日があっても、深呼吸して別の道を探してまた戻って、いい日も悪い日もいつだってまた火曜日から始めよう

20161224c.jpg

百合、若さを見せつける相手に対し「今あなたが価値が無いと切り捨てたものは、この先あなたが向かっていく未来でもあるのよ。自分がバカにしていたものに自分がなる。それって辛いんじゃないかな。私達の周りにはね、たくさんの呪いがあるの。あなたが感じているのもその一つ。自分に呪いをかけないで。そんな恐ろしい呪いからは、さっさと逃げてしまいなさい。

20161224e.jpg



登場人物には悪人が登場せず、またいじめも無くお互いに責めたり足を引っ張ったりしない関係で、普通に生きている人たちを描く得がたいドラマでした。「逃げるは恥だが役に立つ」は過去好きだったドラマである、「ちゅらさん」や最近の「あまちゃん」や、「今日、会社休みます」に通じるものがあると思いましたが、これらのドラマを越えてしまったような感じがします。

TBSさん、いいドラマをありがとうございました。短い時間だけど楽しかった。逃げ恥ロスは強力に続きそうな予感がします。



響け!ユーフォニアム2

響け!ユーフォニアム2


2期に入って、あの充実していた1期に比べてもさらに一段パワーアップしていると思う。1期に比べ特に人間関係、それも過去の軋轢などから色々問題を抱えながら、普段は何事もないよう振舞っている2年生や3年生などの上級生に焦点があたっていることが多いと感じる。上級生になると、受験や将来のことが現実味を帯びた問題となって壁となって現れ、迷うことも多いのだろう。さらに大学生の姉の将来に向けての葛藤との関係など身につまされるシーンが続いて、嗚咽あるいは号泣の日々が続いている。

1.孤高を貫き、別の高みにいたあすか先輩
三年の秋になっても、関西さらに全国とコンクールに出場することになり、部活を続けていて受験を心配する母親と対立し、心ならずも退部しようとしていた。戻ってほしいと久美子に言われ、

「そんなこと言えるほど、その人たちの事を知ってるのかなあって思って 境界線ひいて、踏み込む事は絶対にしなかった…、気になって近づく癖に、傷付くのも傷付けるのも怖いから、なあなあにして、安全な場所から見守る そんな人間に、相手が本音を見せてくれていると思う あたしがこのままフェードアウトするのがベストなの 心配しなくても、みんなすぐ私の事なんか忘れる」

と本心を隠した返事をするものの、ついに、久美子の押し殺していた感情が表に出て

0011_20161218132942d1d.jpg

「だったらなんだって言うんですか!先輩は正しいです!部のこともコンクールのことも全部正しい!でもそんなのはどうでもいいんです!あすか先輩と本番に出たい!私が出たいんです!

子供で何が悪いんです!先輩こそなんで大人ぶるんですか!全部わかってるみたいに振舞って!先輩だってただの高校生なのに!先輩、お父さんに演奏聴いて貰いたいんですよね?誰よりも全国行きたいんですよね?我慢して諦めれば丸く収まるなんて、そんなのただの自己満足です!諦めないで下さいよ…後悔するってわかってる選択肢を、自分で選ばないで下さい諦めるのは最後までいっぱい頑張ってからにして下さい!私は、あすか先輩に本番に立ってほしい!あのホールで先輩と一緒に吹きたい!先輩のユーフォが聴きたいんです!」

と一気にぶちまけたことで、あすか先輩の心を覆っていた厚い鎧を引き剥がして、等身大の18歳としての素直な感情を引き出すことに成功した。

0026_2016121816031242a.jpg

その後は「まずいねェ~、カッコ悪いわ。夏紀、良く見ておきなよ 明日から、こんな姿もう見られないから」と信頼できる相手には弱い自分をそのまま見せられるようになるまでに変わっていき、夏紀に「嬉しいです! 先輩のカッコ悪いところ、殆ど見たことなかったから」と共感されるまでになった。

2.吉川優子先輩と中川夏紀先輩
去年のゴタゴタで、入部を誘ってくれた一人しかいなかった友人が退部したあとモチベーションがないまま、オーボエを続けていた鎧塚みぞれ先輩がその友人を「だって…、私には、希美しかいないから、拒絶されたら」と殻をかぶって、おびえていたのに対し、

0022_2016121813294434c.jpg

「バカ!あんたマジでバカじゃないの 何が好き好んで嫌いな奴と行動するのよ 私がそんな器用なことできるわけがないでしょ。みぞれは私のこと友達と思っていなかったわけ」とぶちまけるシーン。中川夏紀と吉川優子先輩はお互いを深くわかっている友人関係だと思っていたが、2期に入って部全体にも気を使っているシーンが増えてきた。さすが2年生、昨年度の部のゴタゴタをくぐり抜けてきた経験は無駄ではなかった。

0024_2016121813294583b.jpg

みんな少しずつ成長していく、大人になるという意味でなく。


HDCPとDTCP-IP

HDCPとDTCP-IP


少し前、LAN内にあるHDDレコーダなどのサーバに保存している録画の視聴ためにDLNAソフト(Station TV Link)を導入しました。また、PCでフルセグが受信できるよう、地デジチューナ(ピクセラPIX-DT300)と専用ソフト(Station TVs)も購入しました。ところが、時々正常に画像や音がでるものの、多くの場合コンテンツ保護エラーが出て正常に起動しないことが続いていました。

接続をいろいろ変えてチェックしたところ、画像も音もHDCPやDTCP-IPに対応していないと保護エラーになることが分りました。PCとモニタは端子同士をHDMI(セレクタ経由)とDVIの2系統で接続しており、DVIよりHDMI規格のほうが新しいのでHDMIがHDCP対応だと思っていたのですが、実はDVI端子だけが対応していたのでした。同様に音声もPCとアンプ間をM/Bオンボードのアナログ出力とUSB/IF経由 S/PDIF出力の2系統で接続していたのですが、オーディオデバイスのうち、デジタル音声を無効にしないと動作しないことが分りました。

20161119a.jpg

このように設定することで、ようやくフルセグ地デジとDLNAでのネットワークコンテンツ視聴が安定して行えるようになりました。ただし、アナログ音声はマルチチャンネル出力ではないので、PCからサラウンド音声を出力する場合はデジタル音声を有効にし、地デジを視聴する場合はで無効とするようその都度、設定を変える必要がありました。USBハブの電源オフではデジタル音声が完全に無効にならないため、PCの設定から変える必要があるようです。

CIMG2511_20161119142005ce1.jpg

PCはTVなどのデジタルコンテンツ視聴に対して著作権保護の面で徹底的に悪者扱いされているように思われます。両ソフトを起動した状態でスクリーンキャプチャをしても黒い画面しか記録されません。上の画面はカメラで取り込んだPC画面のキュプチャ画面です。(左がチューナソフト)。なお、PCはMS-Windows8.1からアップデートしたWindows10 64bitで、Win10化によってこれらのソフトがWindowで表示できるようになりました。

本ブログでの過去のDLNAとDTCP-IPの記事はこちら,PCのスペックはこちらです。

リンク
チューナPIX-DT300
ネットワーク対応メディアプレーヤStation TV Link







スマホでのHDR(広ダイナミックレンジ)写真

スマホでのHDR(広ダイナミックレンジ)写真


デジタル一眼ではなく、またHDR機能がついているCASIO ZR-10でもなく、いつも持ち歩いているスマホでHDR写真が取れないかと考えて、いろいろなアプリで試してみまし。た。とりあえずはCamera HDR StudioとUltimate HDR Cameraという無料のアプリをダウンロードしてみました。


どちらも無料ですが英語のアプリで説明もないため、細かい動作はよくわからなかったのですが、撮影してみました。

1.Ultimate HDR Camera
露出の異なる3あるいは5枚の写真からHDR画像を合成する。その後トーンマッピングなどのパラメータを選んで効果を確認できるところはPC用のソフトと同様の操作感で、加工された写真もやはりPhotomatrix等のソフトで加工合成した写真に似ていました。

Ultimate_HDR_Camera_001.jpg   Ultimate_HDR_Camera 002


2.Camera HDR Studio

HDRはフェイクとTrueが選択できるほか、色加工(補色反転や特定の色成分同士の交換)、セピア、トイカメラのような周辺減光、あるいはX線画像や赤外画像、暗視画像、鉛筆による描画風に変換など画像加工も色々選べる信号処理ソフトのようでした。



まだ、機能を使いこなせていないので挑戦中です。

過去のデジタル1眼によるHDR写真の記事はこちらです。
写真はこんな感じ。





bluetoothで音楽を再生

Bluetoothで音楽を再生


スマホのSDカードには通勤途中で聴くため、CDやLP、はてはカセット、オープンテープからなど色々な音源をmp3に変換して入れてあります。膨大な音源からフォルダや曲を選ぶだけで簡単に再生できるため、家のステレオでも同じようにスマホの音楽を再生できないか検討してみました。

ヘッドフォン端子からステレオアンプに接続するのが最も簡単ですが、やはりケーブルが邪魔だったので、無線で飛ばそうと考えました。方法としてはWi-fiかbluetoothの2つの方法がありそうだったのですが、Wi-fiよりもbluetoothのほうが簡単そうなので、bluetoothに決定。

20160925d.jpg  20160925c.jpg

調べてもやりかたの詳細まではわからなかったので、とりあえず数百円のbluetoothレシーバを購入。余っていたAC-USB電源にさして、ペアリングさせ、出力とアンプを繋いだらあっという間にネットワークが完成。スマホ単体で曲選択やボリューム調整までできるので楽になりました。

車でもナビとbluetooth通信はしているので、スマホと車との間でダイレクトに音楽を送れないかと考えたのでがすがA2DPなどに対応していないようで、やはり電源とbluetoothレシーバ、オーディオケーブルでの接続が必要なようです。




[Read More...]

格安スマホへの道(2)

格安スマホへの道(2)


9/17にmineoに申し込みして、一日おいて9/19に説明書とSIMカードが到着しました。早速SIMカードを差し替えて回線切り替えをしようと試みましたが、初めネットにつながりませんでした。これは回線が開通していないため、あたりまえの現象のようで、PCから設定して解決しました。次にネットワークの設定でも問題が発生しました。説明書どおりに行ってもCPAがONとなりません。困った末、mineoのサポートに電話して、言われたとおり各種設定をon-offしたり、スマホを再起動したりしてようやくネット接続しました。PCと電話とスマホを順にいろいろ設定するので、説明書どおりでダメな場合はなかなか敷居が高いと感じました。ネット接続のあとはメールを設定してとりあえず終了しました。Au関係やスマートパスのアプリはなぜか消されずに残っています。

guide2.jpg

あまり電話は使わないため定額通話は申し込まなかったのでが、mineoユーザは基本料が無料で電話代が安くなるLsLa Callに申し込みました。そのあと、mineoスイッチもインストールして設定は終了。

mineo.jpg



スピードテストをして見ましたが、Wi-Fi接続では20-30Mbpsくらい出るところ、10Mbpsか少し下回るくらいでまずまずでした。なぜかpingが遅いです。



格安スマホへの道(1)

格安スマホへの道 その(1)

ここ1-2年スマホの高額使用量に悩んでいたましたが、ようやく格安スマホに代える決心がつきました。格安スマホに乗り換えるとキャリアのメール(EZ-Web)が使えなくなるため、MVNOに乗り換えるためには色々なメールサービスに対してメールアドレス変更して再登録をする必要があることを知り、ガラケーとの2台持ちにしようか、1台にしようかと考えていましたが、古いガラケー(カシオCA001)を取り出しみたところ、電源が入らなくなっていたため、かえって1台に移行する踏ん切りがつきました。

0003_20160918154000167.jpg


機材は現在のAu端末(Xpeira ZL2,SOL25)を使用することにしたため、MVNOはAu系の2社(UQ-mobileかmineo)しか選べませんでしたが、通信容量などメニューが豊富なmineoに決定。電話番号は引き継ぐため音声通話対応のプランとし、現在月あたり2GBくらいの使用量なので契約の容量は3GBにしました。

0002_20160918153959d62.jpg

事前の準備として
Auスマートパスのアプリは削除されるため、LINEはgoogleプレイから導入し直してトークを復元
端末はそのままのため不要かとおもったけれど、一応電話帳やお財布ケータイを、バックアップ
メールサービス配信サイトではフリーアドレスに変更か新規登録。何個かは不明のままでしたが見切りました。

実際のMNP転出手続きはAuショップに行くつもりでしたが、ネットでできることを知りました。またmineoの契約もネットで出来ることを知り、即日SIMを受け取れる店が近くにないこともあり、全てネットで申し込みました。不明な点をチャットで確認して契約、すぐに下のメールが到着しました。


お客さまのお申し込みを、以下の内容にて受け付けいたしました。
※このメールは、お問い合わせの際に必要となりますので大切に保管をお願いいたします。
受付番号:***********

≪お申し込み内容≫
■Aプラン デュアルタイプ (3GB)(\1,630[税込]/回線・月)
・端末同時購入:しない
・SIMカード:microSIM
・本人確認方法:画像アップロード
・ユニバーサルサービス料(\3[税込]/月)
■購入端末
・購入端末:なし
・お支払い回数:-
■携帯電話番号ポータビリティ(MNP)
・MNP予約番号:***********
・予約番号の有効期限:2016/10/01
■オプション申し込み
なし
■初期費用
・契約事務手数料(\3,240[税込])


結局、Auの脱退には2年縛りの途中だったため手数料を含め13,500円、mineoは契約手数料3,240でした。あとで気がついたけれどエントリーパッケージを買っておけがmineoはあと2,000円くらい安上がりにできたようですが、後の祭り。事前準備が不足でしたが、mineoは現在キャンペーン中でデータ通信量が半年0円となるようで助かりました。


あとはSIMの到着を待つのみです。

オーディオのメンテ (ビンテージオーディオの終焉)

オーディオのメンテ
(ヒンテージオーディオの終焉)


数年まえにパワー部が壊れたため、プリ部のみ使用してきたプリメインアンプのヤマハCA-1000(Ⅱ)ですが、遂にプリ部もノイズまみれとなり、かつセレクタとしても動作しない状態となって御臨終を迎えてしましました。思えば40年近くもよく働いてくれました。修理して使えないかとヤマハに問い合わせたところ無理だとのことで、最終的に諦めました。これで、就職後に揃えたビンテージのオーディオは、レコードプレーヤとスピーカーを残してほぼ全滅となってしまいまいした。(最近のオーディオシステムの記事はこちら)


主にパワーアンプ部として使用してきたYAMAHA DSP-AX450にはPhono入力がなく、LPレコードガ聞けないため、遊休状態となっていたミニコンポのプリメインアンプDENON UPA-F88をセレクタおよびPhonoイコライザとしてとりあえず使用することにしてセットを組みなおしました。CDプレーヤも音とびが頻発するので交換品を入手しました。


20160813d.jpg


これで
アンプ(プリ部)  YAMAHA CA-1000Ⅱ→DENON UPA-F88
アンプ       YAMAHA DSP-AX450
プレーヤ      TRIO KP-7070(カートリッジ テクニカAT-130E/G)
CDプレーヤ     SONY CDP-997→YAMAHA CDX 600
チューナー      YAMAHA T-5D→アンプ内蔵のチューナ部を使用
カセットデッキ    A&D GX Z-6100
N/Rシステム    dBX 222
スピーカ群
メインス        NS-1000M
サラウンド      NS-1000MM
センター         NS-10MM
サブウーハー    YST-SW45
とYAMAHAメインのシステムとなりました。(赤字は現役)

アンプ系はテレビ用として使っていたAVアンプとサブ用だったミニコンポ用アンプとなってしまいました。まだこのシステムでの音をじっくりと聞いていませんが、ピュアオーディオ用としては物足らなく感じる可能性もあるため、更新しようかと検討を始めています。ただし、映画などではAVアンプのサラウンド効果も楽しめるため、AVアンプでグレードアップしようかとも思っているのですが、最近の傾向は全くわかりません。マルチチャンネルシステムはどんどん新しいフォーマットになっているようだし、ネットワーク対応やDLNA,Wifiなどとも接続できるらしいので、ぼちぼち勉強してみようと思っています。



林住期あるいは遊行期

林住期あるいは遊行期


永 六輔さんが亡くなった。私にとってラジオ番組よりも雑誌「話の特集」で連載した芸人その世界が印象に残っていたので、掲載されている雑誌を取り出してきた。表題の記事のほか、私淑したり気に入っていた多くの人達が登場している。当時、ほとんど創刊から終刊まで読み続けたこの雑誌と、登場したこれらの人達によって私もかなりの影響を受けたのだろうと思う。

20170717f.jpg  20160717g.jpg


この写真の100号記念特集号にも
安藤 鶴夫、和田 誠、横尾 忠則、寺山 修司、筒井 康隆、瀬戸内 晴美、植草 甚一、五木 寛之、などが、きらぼしのように並んでいる。
また、高橋 和己、竹中 労、大田 竜などの面々もそろっていた。

20160717c.jpg   20170717e.jpg 20170717d.jpg

また、これらの人達のほとんどは既に鬼籍に入っているが、なお現役で活躍している人も残っている。かねがね私は、「一期は夢よ ただ狂え」と生涯風狂の人を貫いた人達に比べ、悟りをひらいたり変節した人達、例えば埒外の集団を描いた「風の王国」から親鸞に傾注した五木 寛之さんや栗田 勇さんなどを転向した人達と見なしていたが、最近ではそれもありなのかという気がしてきた。

20160717a.jpg

写真は同雑誌の永さんのラジオ番組広告。共演の遠藤さんは現在も森本さんの番組で聴いていいるが、何年現役なのだろうか。
また、表題は五木 寛之が広めた人生4つの時期分類から。私は年齢も含め遊行期には辿りつけないだろうと想定している。



Perfume 6-th tour COSMIC EXPLORER in 幕張

Perfume 6-th tour COSMIC EXPLORER


幕張メッセの初日(6/16)に行ってきた。昨年の10周年武道館以来だったので久しぶりに楽しんだ。ライブの様子はMCのなかであーちゃんがネタばれ禁止と言っていたし、あまり書けないので以下は公演の様子などそれ以外について書いてみる。


当日は平日で定刻を過ぎてもお客さんの入場が続いていたためか少し遅れてスタート。今回は私はZepp東京の時ようなオールスタンディングではなくスタンド席にしたのだけれど、行ってみたらステージからは少し遠かった。去年の武道館はより入場人数も多いけれど、スタンド席でも勾配がついていたので見やすかった。ただ仮設スタンドだったので観客が踊るとかなり揺れるし、ジャンプのときなどは壊れないかと心配したほどだった。でも始まってしまえばいつもどおり、どの席でもライブ終了まで立ちっぱなしなので、席の種類はあまり関係なくなった。

20160616e.jpg


ライブの内容は新アルバムと定番曲からで「Perfumeはファンサービスの女じゃけん」と言っていたとおり、かなり多めだと思えた。やはりアルバムの題名COSMIC EXPLORERは一番カッコ良かった、また、あのオリエンタルテイストのCling Clingが全員縦のりのダンスミュージック化していたのにはびっくりした。全曲知っているはずなのに覚えのない曲、題名が思いだせない曲も少しあった。もう一回アルバム群をチェックしてみようと思う。

20160616d.jpg

Perfumeは当日、「ふっ切れた、腹を括りました」と言っていたように、これまでの目標を全てクリアした後の達成感から、さらに進んで新しい目標に向かって進み始めたのだろうと思う。1ファンとしては、このまま応援して行く末まで見続けていくつもりにしている。

10周年記念武道館ライブ「3.5.6.9」の記事はこちら




カレンダー

最近の記事
FC2カウンター

最近のコメント
カテゴリー
ツイッター

月別アーカイブ

リンク
プロフィール

Groove

Author:Groove
音楽(クラシックと演歌以外)と、映画、PCの日々。古い話を含め、お気に入りを書いていきます。

ブログ内検索

RSSフィード