These foolish things

音楽を中心に新しいもの、古いものをなどMy Favaritesを。時には映画やWho's Whoなども

秩父山中山のあとさき ムツばあさんの遺したもの

秩父山中 花のあとさき
ムツばあさんの遺したもの

8/20にTVの番組表を見ていたら思いがけずムツばあさんの名前があり、番組の題名から過去2回放映された番組の後日談とわかり、予約録画して視聴しました。前回の放映分(2002年と2008年)分も再度みなおしました。
前回の最後に脳梗塞で倒れた後であり、ムツばあさんや夫の公一さんの新しい映像はなく、過去の回顧と、集落のまとめ役の新井さんや、小林ムツさんを偲んで訪れた人達の映像でした。

最初の取材から、10年近い時間の流れを記録した映像を見ていると、時が過ぎるということ、自然と人間との関係など、を改めて考えてしまいます。この間に集落の人々は山を下りたり、亡くなったりして人口は減り続け、残る人たちも年々年老いて病気がちになりました。

昭和52年太田部  平成6年小林さん夫婦

ムツさん達が植えてきた数多くの花木は新井さんなど、残った人が引き続いて手入れをして美しい花を咲かせてくれます。この先、集落の人が年老いて、手入れができなくなれば、公一さんが入院した年のように1年で蔓に絡まれ、下草に覆われて数年で衰えてしまうでしょう。杉林も下枝打ち、下草狩り、間伐と1年中世話をしなければ荒れて土砂崩れを起こしてしまいます。そうして50年から100年かかって手入れしてやっと製材するまで成長しますが、外材に価格で負けてしまいます。
そこまでして守らねば成り立たない山や自然とは何だろうと思っています。
それは、杉の美林や、段々畑で作っていた作物、かつての養蚕や薪作りなどの林業は、生きるために山に入った先祖が選んて必死で選んだ唯一の選択肢であったことではないかと思い至りました。
この何代も続けてきた生業を自分たちの代で終わらせることへの自責の念と後悔、農業や林業で生きるための産物をずっと恵んでくれた山への感謝として、小林さん夫婦に段々畑に花木を植えて山に返す無償の行為を行わせたのかもしれません。   

  ムツばあさん(H18年)

改めて思うと公一さん、ムツさん達を含め、集落の人はみな美しい、いい顔をしています。数年毎の映像の度に、顔は皺が増え、背は小さくなって年老いていることが明らかで、それが痛々しいのですが、それでも、ますます輝いていて神々しくさえ見えます。いつもムツさんの言葉には褒め言葉と、感謝しかありません。花に対しては「一本一本は色が違うし、匂いも違う。みんなかわいいよう」、何かにつけ「うれしい」と言い、花も芽もない1本の枝のような幼木でも匂いで種類が分かるほど打ち込んでいます。新井さんも「自分は農業ではなく百姓jといいながら、一年中働いています。みんな休憩することを「遊ぶ」と言うように、動けるうちは、体が一年中自然に動いてしまいます。

  れんぎょうの花  紅葉

楢尾をを訪れた人達のように、私も、心が改まり月並みな言葉ですが、改めて「感動し」ました。「かくありたい」、あるいは「あらまほしき」手本を示され、この先、老いていく年月にも先達から指針と元気を貰った気がします。いつか楢尾を訪れてみたいと思います。
ムツばあさんほか、亡くなった方々に感謝ともに合掌を捧げます。さらに永い年月一人で取材を続けてきた百崎カメラマンにも感謝します。
この間転勤はなかったのでしょうか。

再放送予定 8/23、地上波(アナログ・デジタル)10:10~10:55

過去の記事 秩父山中 山のあとさきへのリンクはこちら








8/20~8/22まで膨大なアクセスがあり、びっくりしました。一日1桁の日が普通であるネットの辺境(太田部楢尾?)であるこのブログで、過去最高だったちりとてちんファンミーディングの記事以上で、一日で300以上のPVがありました。本内容の放映日前後であることから、前回の記事を検索して訪れていただいたのだと思い感謝します。
関連記事

この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿

















この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
→http://77117c.blog118.fc2.com/tb.php/97-34a61532
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
カレンダー

最近の記事
FC2カウンター

最近のコメント
カテゴリー
ツイッター

月別アーカイブ

リンク
プロフィール

Groove

Author:Groove
音楽(クラシックと演歌以外)と、映画、PCの日々。古い話を含め、お気に入りを書いていきます。

ブログ内検索

RSSフィード