These foolish things

音楽を中心に新しいもの、古いものをなどMy Favaritesを。時には映画やWho's Whoなども

うた魂♪(2)

映画「うた魂♪」(2)


うた魂♪のDVDから合唱の部分の音楽を抽出して、携帯プレーヤーで通勤の電車のなかで聞いています。帰宅途中で聞いていると、音楽からそれぞれのシーンが思い出されて「あなたに」などでは目頭が熱くなってきます。電車のなかで涙がでるのはちりとてちんのワンセグ録画以来でした。

勢いで2枚組初回版のDVDを入手してしまいました。メイキング画像などのなかでも、合唱フル・バージョンが良かったですね。この映画で久しぶりに合唱を堪能しました。

UTATAMA22.jpg UTATAMA23.jpg

かつて、混声合唱をやっていたころ、音は外れるはリズムはとれないはで、お世辞にも上手とは言えないレベルでしたので、あるレベル以上になると上手下手は判断がつきませんが、映画のコーラスは、道代表レベルまでとは感じられませんでした。でも、最初は指導者がどうしようとかと思うほどだった出演者達は一生懸命練習して、ある時からギアチェンジしたように、一定のレベルに達したと思います。

それよりフニクラ事件から、ずっと主人公を嫌いだったライバルに、「一生懸命になれることがあるって、すごいじゃん」と言わしめた一言がこの映画のテーマだったのかと思います。素人からの上達を描いた「スウィングガールズ」などと違い、全国大会常連高という設定は、出演者にはプレッシャーだったでしょうね。

UTATAMA25.jpg  UTATAMA21.jpg


私の合唱部時代は都道府県代表どころか、市代表にもなれませんでした。練習よりもその前後に好きな曲を歌っている時が楽しかったですね。パート分けした難易の高い曲よりも、ユニゾンで歌える曲を音楽室だけでなく、通学バスのなかや、はては中心の繁華街でも大声で歌っていました。
今覚えている曲では、佐藤春夫作詞の「秋の女(おみな)よ」、(これはれっきとした合唱曲です)のほか、ラ・ビア、北上夜曲、桜貝の歌、こいさんのラブコール、硝子のジョニー、北帰行などでした。もう知っている人はいない曲ばかりですが、流行歌も多いです。都道府県の大会常連高では決して歌わないでしょう。




ラ・ノビア

美空ひばりの歌のうまさは別格だと思います。



こいさんのラブコール



硝子のジョニー



北上夜曲


現在、「天然コケッコー」や「フラガール」を視聴中。うた魂♪の出演者はそれぞれ、いい作品に出演しています。
関連記事

この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿

















この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
→http://77117c.blog118.fc2.com/tb.php/75-d420c706
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
カレンダー

最近の記事
FC2カウンター

最近のコメント
カテゴリー
ツイッター

月別アーカイブ

リンク
プロフィール

Groove

Author:Groove
音楽(クラシックと演歌以外)と、映画、PCの日々。古い話を含め、お気に入りを書いていきます。

ブログ内検索

RSSフィード