These foolish things

音楽を中心に新しいもの、古いものをなどMy Favaritesを。時には映画やWho's Whoなども

キャットストリート(1)

キャットストリート(1)

 

檸檬のころ」の谷村美月さんが主演し、「ちりとてちん」の遠藤Pが製作統括をしている関係で、気になったNHKのドラマ「キャットストリート」を、第1話から欠かさず見ています。脚本、演出、そして出演者の全てが揃って秀逸なドラマになっています。

ストーリーは谷村美月さん演じる、青山恵都が子役時代にダブルキャストの相手から、言葉による「いじめ」を受けたことが原因で7年間引きこもっている状態からスタートします。

今何時だろう。7年間、ずっとこんな生活だ。目が覚めて、今何時なのかわからない。今日が何曜日かわからない。そして自分がどこにいるのかわからない」
「他に居場所が無いから、私は家にいる。でも、誰の目にも入らない透明人間の私はどこに居ても、居ないのと同じだ。」
「あの日、落ちてきた闇の中に今もまだ立っている。」

家に居たたまれなくなって外出した結果、偶然フリースクール エル・リストンに通うことになって、スクール長や同じフリースクール長の生徒たちと次第に心を通わせるようになります。

第2話で幼なじみの大洋にあこがれてもあっと言う間に失恋し、小学4年生のままで時が止まっていた恵都はショックのあまり自殺を考えますが、浩一に「お前が死んだら、泣くヤツや、いて欲しいと思ってるヤツが、少なくてもここにいるヤツらは泣くよ。俺も泣く。」と言われ、紅葉にすがって赤ん坊のようにしゃくり上げながら、号泣します。

人間は再生する  人間は再生する

「人間は再生する。それを友達に教えてもらったこの夜を、私は忘れないだろう。
私が二度目の産声をあげた夜を。」

谷村美月さんの演技のあまりの迫力に、おなじようにもらい泣き。演技上手すぎです。

第3話で紅葉のエピソードのあと、帰宅した恵都と母のシーンでも涙腺決壊です。
これまで、自室にこもって食事をとっていた恵都が、

第3話 第3話


「お母さん、もうご飯食べた?」「じゃあ、一緒に食べていい?」と自分から食事を共にし、
私ね、今、ちょっとずつ、ちょっとずつだけど、何ていうかな、いい感じになってきてるんだ。お母さんのことも、恨んだこともあったけど、今は感謝してる。」
「お母さんに、自分の力試すことの楽しさ、教えてもらった。いろんなことが経験できて良かった。」

と言われ、賀来千香子さん演じる母親は、いたたまれず、台所に立って嗚咽します。
賀来さん、男女7人以来でしたが、母親役を熱演。

第3話

それでも、恵都は、なかなか一直線に回復しません。よくなったりまた落ち込んだり。実際もそんなものなのでしょう。私自身は引きこもりや不登校の経験はありせんが、何人かの同僚が欝で出勤できなくなり、当時、責任者としていろいろ手を尽くしましたが、結局何の手助けもできませんでした。今でも忸怩たる思いが残っており、恵都が次第に自分から立ち上がっていく様子に、今更ながら少し救いを感じています。



おまけ (堂本兄弟に出演)
堂本兄弟に出演 

関連記事

テーマ:NHK - ジャンル:テレビ・ラジオ

この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿

















この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
→http://77117c.blog118.fc2.com/tb.php/72-93f8857c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
カレンダー

最近の記事
FC2カウンター

最近のコメント
カテゴリー
ツイッター

月別アーカイブ

リンク
プロフィール

Groove

Author:Groove
音楽(クラシックと演歌以外)と、映画、PCの日々。古い話を含め、お気に入りを書いていきます。

ブログ内検索

RSSフィード