These foolish things

音楽を中心に新しいもの、古いものをなどMy Favaritesを。時には映画やWho's Whoなども

めぞん一刻(2)

めぞん一刻(2)

コミックが原作で、その後アニメ化や実写化された作品は、極一部を除いて当然ながら、オリジナルのコミック版が作者が一人で築いた世界であり、集団の作業であるアニメではやはり無理がありことが多いです。一部の例外としては「のだめカンタービレ」が原作にかなり忠実だったかと思います。
めぞん一刻も初出は成人コミック誌だったためか、一般人対象のTVアニメに登場する場合には、二人の関係にとって重要なシーンでも、TV放映上の制約などから、表現がなくなったり、ぼかされたりしているシーンが多く残念でした。

シーン1

最もなるほどと思わされたシーンは、TV画面にはないコミックのみのシーンですが、二人が初めて結ばれた次の朝の響子さんの態度でした。永い間のすれちがいがようやく決着し、気持ちや身体を含んだ全てに対して、ようやく安定した心持に落ち着くことができた状態を見事に描いていました。男性では理解できない、肝が座ったときの女性の底力のようなものを感じて、さすが女性の描くコミックならではの視点と、当時感嘆したものです。

   シーン2


当時、ご他聞にもれず、アニメ版の主題歌のサントラなどを買いあつめました。下は主題歌集の表紙です。響子さん役の島本須美さんも数曲歌っています。残念ながら、主題歌では「タッチ」の日高のり子さんには及ばないと思われます。(何の予備知識もなく、ルパン3世カリオストロの城をを見た時の詩情あふるれるストーリーとリリシズム、クラリスの声の可憐さに目を疑った記憶があります。後から宮崎監督と島本須美さんと知りました。)

めぞん主題歌 
当時島本さんが、吹き込んだWindows用の動作に用いる音源を入手して、今もスタートアップなどの音として使用しています。下記は一例です。(当時、たぶんhttp://tokeizaka.cside.tv/maison/dta.htmから頂いたと思います。ファイルはmp3に変更済みです。)

ウィンドウズを起動しますね

お仕事がんばってくだいね。

関連記事

この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿

















この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
→http://77117c.blog118.fc2.com/tb.php/69-ecc216a5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
カレンダー

最近の記事
FC2カウンター

最近のコメント
カテゴリー
ツイッター

月別アーカイブ

リンク
プロフィール

Groove

Author:Groove
音楽(クラシックと演歌以外)と、映画、PCの日々。古い話を含め、お気に入りを書いていきます。

ブログ内検索

RSSフィード