These foolish things

音楽を中心に新しいもの、古いものをなどMy Favaritesを。時には映画やWho's Whoなども

テディ・ウィルソンと北村英治

北村英治とテディ・ウィルソン

NHK-FM放送で「セッション(年号)」が78年に始まったころ、ご多聞にもれず、毎週せっせとエアチェックをしておりました。当時、スウィングジャズはコンボもビックバンドスタイルも聞いており、エアッチェックの他に、レコードを聞いたり、ニュー・グレンミラー楽団などのコンサートに通っったりしておりました。コンサートではトランペットやトロンボーンをそろって回したり、ミュートで押さえたりしており、照明に金管が反射してきれいでカッコよかったで。(スウィングガールズもまねしていました。)

コンボジャズは当初、北村英治さん中心に聴いておりました。レコードはビッグ・バンドとの共演したものを含め、数多く持っていますが、ピアノのテディ・ウィルソンさんと共演したシリーズは好きですね。2人は深い友情で結ばれているようで、格段に息のあった演奏を聞かせてくれていました。テディ・ウィルソンさんは先のベニーグッドマン来日公演の放送「過去記事 http://77117c.blog118.fc2.com/blog-entry-54.html」でも古い仲間として共演していましたが、ベニーグッドマンとの音楽での結びつきと同じ感じを下記引用のように、北村英治さんのクラリネットに見出したのでしょうか。


1982年にセッション82に登場したときは、最初はテディ・ウィルソンさんがソロで「A列車で行こう」を演奏し、その後北村英治さんとデュオ、さらに一人ずつメンバーが増えていき、最後はシックステットという洒落たスタイルの構成での演奏でした。(下の画像クリックでセッション82のソロ演奏を短時間聴けます)

kt000.jpg

Swing Special 2(ライナーノーツより抜粋)

北村から聞いた話だがテディ・ウィルソンは仕事中は一切飲まないと言う。デリケイトな運指にアルコールが少しでもマイナスに作用する事に気を使っているのだ。そのかわり、仕事が終るとグラスにスコッチのストレートをなみなみとついで一気呵成に飲みほすそうだ。それからゆっくりと食事。その時は最上のワインを飲む。食後
はブランデーとなって、ベッド・インの直前はリキュールでしめくくる。優雅な酒の飲み方の典型的な見本である。このテディ・ウィルソンの北村への愛情は計り知れないものがある。スイング・ピアノの第一人者として典雅さと優美さで最高の名声を欲しいままにした稀代の名ピアニストは、日本へ来て北村と一緒にスイングする事を人生の喜びと言っている。彼が北村に対してあたえた讃辞の一つに゛英治はグッドマンと一緒にスイングするよりずっと楽しい″と言うのがある。1930年代を通じて、ジャズの分野はもち論、世界中のあらゆるカクティル・ピアニストにまで影響を及ぼした、この偉大な先覚者が東洋の一人のクラリネット吹きにぞっこん参っているサマは何ともほほえましいのだ。

KT002.jpg

Groovi' with Teddy Wilson
(私のHNの由来となったアルバムです。)

KT003.jpg

LIve sessin Teddy & Eiji
KT004.jpg

もっとあると思いますが、探しだせません。アマゾンを見ると二人で多くのレコードを出していますね。見かけたものも多いです。そういえば、また、セッション・・・はやっているのですね。伊藤君子などという、懐かしい歌手の名前を見つけました。 


おまけです。

関連記事

この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿

















この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
→http://77117c.blog118.fc2.com/tb.php/65-ee2e9515
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
カレンダー

最近の記事
FC2カウンター

最近のコメント
カテゴリー
ツイッター

月別アーカイブ

リンク
プロフィール

Groove

Author:Groove
音楽(クラシックと演歌以外)と、映画、PCの日々。古い話を含め、お気に入りを書いていきます。

ブログ内検索

RSSフィード