These foolish things

音楽を中心に新しいもの、古いものをなどMy Favaritesを。時には映画やWho's Whoなども

つげ 義春

つげ 義春

つげ 義春さんは、それまでにも、雑誌「ガロ」に時々掲載されていた紅い花、海辺の叙景など、一味かわった叙情あふれる作品などを書いていましたので、気になっていましたが、1968年に発売された作品集にあった書き下ろしの「ねじ式jには、得体のしれない異様な迫力を感じました。

ガロ 「つげ義春作品集(1968.5)」

つげ義春特集号(1968) ねじ式

いろいろ、穿った解釈をする人も多いようですが、「夢日記」など本人の文によれば、たぶん、大原への旅行で出合ったことを下敷きにした上で、さらに、夢の中での出来事のように脚色して書いたと思われますが、この内容を紡ぎ出せるのは普通の才能ではないと思います。それから今日まで色々な著作を読んでいますが、このころの作品は後期の夢そのもののような作品に比べ、ストーリーもあり、かつリリシズムにあふれた中身の濃い作品が多く、気に入っています。

 ねじ式

「無能の人」のような、自叙伝に近い作品を読むと、常に自分から引きこもってしまう、破滅的な性格であることがわかります。つげさんのような人は、居候とか食客のような非生産者を許容する度量、キャパシティが社会に無くなった現代の日本では「落ちこぼれ」、「負け組」と呼ばれ、昔の「私小説」を中心に書いていた作家のように。落伍者扱いされることでしょう。

著者は東北地方を中心に、鄙びた宿を訪ねて、それを題材にして多くの作品を残しています。つげさんが旅してたころの温泉宿は高度成長がまだ、届かないため、昔ながらの藁や萱ぶきの建物で、道路は車の必要がないため狭く、舗装していないため、穴ぼこだらけで、家々は土ぼこりで汚れていました。私の生家も当時似たようなものでした。今では法律上でも、もう建てられない、葺きなおしもできない過去のものになってしまいました。宮本 常一の本のように、古い記憶と、記録の上だけに残るのでしょう。

つげ義春とぼく

私としては色々な作品のなかでも、ゲンセンカン主人が理由はよく自分でもわかりませんがお気にいりです。

以下は権藤 晋さん「ねじ式」夜話のページ
http://www.mugendo-web.com/y_tsuge/nejiyawa.htm
より。

「ゲンセンカン主人」は、「ねじ式」や「ほんやら洞のべんさん」の翌月に発表された。「もっきり屋の少女」はその翌月であり、この三ヶ月は月一作以上のハイペースである。この間、作者は想像力と精神力の全面展開を試みたことになる。「ゲンセンカン主人」も「もっきり屋の少女」も、前作を完成させた後で構想されたのではない。「ゲンセンカン主人」は「ねじ式」が思い描かれたと同時であり、「もっきり屋の少女」は「方言について」の延長線上に位置していた。

つげさんに現代風のHPがあるので驚きました。(WEB構成はたぶん本人ではないでしょうけど)

公式サイト
http://www.mugendo-web.com/y_tsuge/

ウィキペディア
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%A4%E3%81%92%E7%BE%A9%E6%98%A5

関連記事

この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿

















この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
→http://77117c.blog118.fc2.com/tb.php/61-f968cecc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
カレンダー

最近の記事
FC2カウンター

最近のコメント
カテゴリー
ツイッター

月別アーカイブ

リンク
プロフィール

Groove

Author:Groove
音楽(クラシックと演歌以外)と、映画、PCの日々。古い話を含め、お気に入りを書いていきます。

ブログ内検索

RSSフィード