These foolish things

音楽を中心に新しいもの、古いものをなどMy Favaritesを。時には映画やWho's Whoなども

エルヴィスがすべて

エルヴィスがすべて


外国の音楽、特に歌詞のある音楽はメッセージの意味が分からないので、一部例外を除いてはあまり聞きませんが、その数少ない例外がエルビス・プレスリーです。デビューからではなく、70年代初めに映画「エルビス・オン・ステージ」を聞いからですが、当時、そのあまりの本物さ、迫力に圧倒されました。
レコードやDVDを数枚もっているだけで、コアなファンからすればファンの内にも入らないでしょうが、まだ白人と黒人がはっきり区別されていた時代に、意図してではなく、自分内から湧き出てくるオリジナルとして融合してロックンロールを創生したプレスリーは当時とすれば秩序の破壊者だったのでしょう
。(同類にも見えるビートルズは出現当時から、なぜか好きになれませんでしたが、後に女王陛下から勲章やサーの称号を貰って有難たがるなど、叙勲を至上とする官僚と一緒で何の矜持もない、俗物であったことを暴露してしまいました。)

エルビスはあまりの存在の巨大さゆえに、ショービジネスに翻弄され、取巻きが稼ぐために不本意なステージを押し付けられたこともあったようで、ショーの出来にも波があると思いますが、興がのってきた時のステージは神がかりです。好きなアルバムである「ライブ イン メンフィウス」は自宅、グレースランド御殿のあるテネシー州メンフィスのステージの録音ですが、「ぼくは救われました。神は存在するのです。なぜなら神は愛だからです。」と語って復活した、入魂のステージです。


LP「エルビス・ライブ イン メンフィス
ライブインメンフィス

そのなかでも、2曲、解説はライナーノーツからの引用

偉大なるかな神「How Great Thou Art」

そしていよいよ圧巻はA面最後の「偉大なるかな神」。これはまさに絶唱、人魂の熱唱といえるでしょう。「ニこでもスタンプスをフィーチャーして、私の好きなゴスペルを唄おうと思います」と語って唄い出すこの曲は、最愛の母の死と入隊が重なって、除隊後もその淋しい陰が抜けず、やがてスランプに落ち入っていった1965年に、思いもかけずエルヴィスが5年ぶりに吹込んでくれたアルバムのタイトル・ナンバーだった曲です。

アメリカの祈り「An American Trilogy」

次がB面中最高の聴きものである「アメリカの祈り」です。この歌の中に出てくるディキシー・ランドとは、南部諸州をさしている言葉で、メンフィス・テネシーは、まさにその南部。したがってこニでの喚声はひときわすさまじく、それまでの女性の金切り声とはまた違う聴衆のウオーっという声が、怒濤のようなすごさで盛り上っていきます。それもそうでしょう、「南部の地こそ私が生まれたところ。ああ、私は南部に居たい、南部こそ私が生き、そして死ぬところ」と、南部が生み出した世紀の王者が、その南部で今、唄っているのですから

Youtube 「How Great Thou Art 」 LPと同じステージかも




DVD「エルビス・オン・ステージ」
当時まだ高価だったのですが、やっとの思いで購入したものの、PCの能力不足で画面が紙芝居状態しか再生できず、Hollywood+という、MPEGデコーダカードを購入してやっと見ることができました。
エルヴスオンステージ

湯川れい子著 エルヴィスがすべて

エルヴィスがすべて


Youtube 「An American Trilogy 」
何故か涙が止まりません。


関連記事

この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿

















この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
→http://77117c.blog118.fc2.com/tb.php/60-e94276ae
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
カレンダー

最近の記事
FC2カウンター

最近のコメント
カテゴリー
ツイッター

月別アーカイブ

リンク
プロフィール

Groove

Author:Groove
音楽(クラシックと演歌以外)と、映画、PCの日々。古い話を含め、お気に入りを書いていきます。

ブログ内検索

RSSフィード