These foolish things

音楽を中心に新しいもの、古いものをなどMy Favaritesを。時には映画やWho's Whoなども

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

さよなら・今日は/冬物語

さよなら・今日は/冬物語(日本テレビ)

カノンさんがでると言うのでちりとてちんの流れでみた、3/19のNHKスタジオパークに原田 芳雄さんが出演していました。本ブログの過去の「横浜ホンキートンクブルースの記事(http://77117c.blog118.fc2.com/blog-entry-26.html)でも、一部取り上げていますが、現在70歳に近いはずですが、そう見えません。顔からいい歳をとってきたことが伺えます。昔みた日本テレビでの若かったころの原田芳雄さんのドラマを思いだしました。
スタパライブ スタパライブ

1971-1974年ころに浅丘ルリ子さんと日本テレビで
2丁目3番地
冬物語
さよなら・今日は

等を共演していたようですが、当時そのうちの、「冬物語」と「さよなら・今日は」は印象深く見ていました。

冬物語は宗方財閥の社長婦人である信子(浅丘ルリ子、未亡人となる)とテスト・ドライバー乾良之(原田芳雄)が中心の物語でした。紆余曲折の末、信子は離婚し、脳に重い病気を持つ乾が、最後は北海道の雪のなかで亡くなる悲恋物語でしたが、ストーリーも目新しく、またロケシーンが多く当時、新鮮に感じました。
特にテーマ音楽のフォー・クローバーズ「冬物語」が大のお気に入りでした
歌詞の「木枯らしは寒く乗り換え駅に、行方しらず、旅は続く、愛の切符てにして、行き交う人は巡礼のよう・・・」には、当時から何とカッコイイ歌詞だろうと、はまってしまって現在まで冬になると歩きながら思いだします。

現在ではオムニバスのCDの一曲として一部試聴ができます。
http://www.neowing.co.jp/detailview.html?KEY=VPCB-83403

リンク
白夜紀行(wooden_soldierさんのページ)
http://plaza.rakuten.co.jp/woodensoldier/diary/200708180000/
youtube
http://jp.youtube.com/watch?v=li4rq-5aLMU


ノベライズが出ていたことを後で知り、探して購入しました。

ノベライズ本 若い頃(本の表紙の裏扉)

さよなら・今日は
当時真剣に見ていたのに、最終回までのストーリーはあまり記憶がありません。最終回で家族が住んでいた家が取り壊され、家族がばらばらになっていくシーンでしたがが、輪廻回生のように将来再び、めぐりあうといったテーマだったと記憶しています。岸辺のアルバムのような、当時としては斬新な、今日の社会や家庭の仕組みの崩壊をを予想していたかのようなテーマでした。

これも朝倉理恵さんが歌う、挿入歌「さよなら・今日は」が大好きでした。最近、ダウンロードでアルバム「人差し指」を購入しました。
主題歌のまがじんが歌う「愛の伝説」もまた良い曲でした。
黄昏の都会はブルーな湖、青ざめたクルマが泳いで行くよ(中略)
人はふと知り合い、束の間の夢見て、やがてただ消え行くだけなの
私はほしい、すべてをかけて、生きる愛のいのちを
さよなら・今日は

朝倉理恵さん試聴サイト
http://www.sonymusic.co.jp/Music/Arch/SR/RieAsakura/

リンク
朝倉理恵「さよなら・今日は」 youtube
http://jp.youtube.com/watch?v=m7Tp4H89YL0
まがじん「愛の伝説」youtube
http://jp.youtube.com/watch?v=nWG5IEpfqx0
Chichikoさんのブログ「下落合が気になったわけ」
http://chinchiko.blog.so-net.ne.jp/2004-11-26-1

関連記事

この記事に対するコメント

冬物語 再放送
芳雄命さん

情報ありがとうございます。本当に奇跡のようです。
ビデオが残っていたのですね。それまでにCSも観られるようにしなくては!

> CS初放送「冬物語」
> 奇跡が…見れます!
> http://www.nitteleplus.com/next.html
【2012/05/27 22:40】 URL | Groove #- [ 編集]


CS初放送「冬物語」

奇跡が…見れます!

http://www.nitteleplus.com/next.html
【2012/05/27 11:16】 URL | 芳雄命 #- [ 編集]

Re: 冬物語
御訪問ありがとうございます。

冬物語。もう二度と見られないと思うと、より懐かしく感じられますね。

ノベライス本は偶然古本屋で見つけたものです。今では入手は困難だと思われます。
↓のでは日本で一人だけと思っているくらいですから。
http://d.hatena.ne.jp/okatake/20050722/1122049319

本の奥付には昭和48年度、読売新聞社刊とあります。

> 懐かしいですね~~~~
> 最終回、確か海岸で浅丘ルリ子の腕の中で息絶えるシーンだけ鮮明に覚えています。
> 再放送やってくれないかな・・・無理っぽいですけど。
> ノベライズを是非読みたいのですが、どこで手に入れたのでしょうか。教えていただけますか???
【2011/10/01 21:47】 URL | Groove #- [ 編集]

冬物語
懐かしいですね~~~~

最終回、確か海岸で浅丘ルリ子の腕の中で息絶えるシーンだけ鮮明に覚えています。

再放送やってくれないかな・・・無理っぽいですけど。

ノベライズを是非読みたいのですが、どこで手に入れたのでしょうか。教えていただけますか???
【2011/09/29 23:36】 URL | makoneko #- [ 編集]

Re: タイトルなし
> 冬物語は私も毎週見ていました。当時高校生だったのであんまりテレビは見なかったのですが、これにははまってました。最終回、原田芳雄が浅丘るり子の腕のなかで死ぬシーンは冬が過ぎ早春の海岸だったと思います。原田芳雄さんはそれ以降私の好きな俳優です。今ご病気だとお聞きしましたが、早く良くなっていただきたいですね。

田畑さん、御訪問ありがとうございます。冬物語はノベライズを見付けたことで筋はあるていど思いだしますが、映像でまたみてみたいものです。原田さんは大鹿村騒動記の初日では車椅子で登場されたようで、早く良くなって頂きたいです。浅丘さんはデンデラで活躍のようですが、両方とも近くでやっていないので、探して行ってみたいと思っています。
【2011/07/18 21:37】 URL | Groove #- [ 編集]


冬物語は私も毎週見ていました。当時高校生だったのであんまりテレビは見なかったのですが、これにははまってました。最終回、原田芳雄が浅丘るり子の腕のなかで死ぬシーンは冬が過ぎ早春の海岸だったと思います。原田芳雄さんはそれ以降私の好きな俳優です。今ご病気だとお聞きしましたが、早く良くなっていただきたいですね。
【2011/07/05 12:56】 URL | 田畑典久 #- [ 編集]

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2010/05/26 08:22】 | # [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿

















この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
→http://77117c.blog118.fc2.com/tb.php/50-65ecd343
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
カレンダー

最近の記事
FC2カウンター

最近のコメント
カテゴリー
ツイッター

月別アーカイブ

リンク
プロフィール

Groove

Author:Groove
音楽(クラシックと演歌以外)と、映画、PCの日々。古い話を含め、お気に入りを書いていきます。

ブログ内検索

RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。