FC2ブログ

These foolish things

音楽を中心に新しいもの、古いものをなどMy Favaritesを。時には映画やWho's Whoなども

ここは退屈迎えに来て

小説「ここは退屈迎えに来て」

20171028.jpg


このところ評論などのノンフィクション等は手にとるものの、なぜか遠ざかっていた小説を久しぶりに読みました。ふとしたことで目に止まった、山内マリコ著「ここは退屈迎えに来て」です。田舎から東京に出てきてから数年してUターンをした物語などが中心の掌編のオムニバスでした。

はるか昔の自分を思いだしました。当時の私は現在よりずっと人や物も少なく時間が止まったような閉鎖的な地方都市にいて、焦りや渇きを感じて息が詰まりそうになっていました。高校の同級生は卒業後は東京、地元、その他の国内にほぼ1/3ずつ進みましたが、映画「檸檬のころ」で進学指導の教師が「結局田舎がいやなんでしょ」と問うたように、映画の主人公と同じように、私は大学入学を機に逃げるように都会に出奔しました。その後何回か、家業を継ぐなど故郷に帰る機会はあったのですが、結局そのままで数10年経過してしまいました。

同じように都会に出た同級生のなかには、あと何年か修行して地元に戻り開業するなど、既に具体的な将来のプランを語っていた友人もおりましたが、行き当たりばったりでいいいやと高を括っていた私は感心するとともに、そんなに自分の将来を既定のプラントして決めてしまっていいものかと思ったりしていました。

いまでも都会の片隅で暮らしている私は、結局何かわからないものを渇望していた当時から何も変わっていないのかも知れません。今では、故郷もこの小説でいう「ファスト風土」化してロードサイドには全国チェーン店や巨大ショピングセンターがある、地方でも都市近郊でも変わらない、どこにでもある風景になってしまっています。大都会にいても○○劇場や**ヒルズに行くわけでもないのだから何が違うのだろうかと思います。

小説は身につまされる話もあって面白かったの、で読み返したり著者の他の作品を読んで見ようかとおもいます。ふと、故郷に残ったり、戻った友人達は私のことを、寺山修司の有名な短歌「ふるさとの訛りなくせし友といてモカ珈琲はかくまでにがし」のように思っていたのかとも考えました。



関連記事

この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿

















この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
→http://77117c.blog118.fc2.com/tb.php/269-c020f1e3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
カレンダー

最近の記事
FC2カウンター

最近のコメント
カテゴリー
ツイッター

月別アーカイブ

リンク
プロフィール

Groove

Author:Groove
音楽(クラシックと演歌以外)と、映画、PCの日々。古い話を含め、お気に入りを書いていきます。

ブログ内検索

RSSフィード