These foolish things

音楽を中心に新しいもの、古いものをなどMy Favaritesを。時には映画やWho's Whoなども

ベンジャミン伊東

伊東 四朗 見ごろ、食べごろ、笑いごろ 


初回DVD-BOX伊東四朗やキャンディーズの出ていたコメディーは毎週見ていました。下は毎日新聞からの切り抜きですが、電線音頭に登場するベンジャミン伊東はこわいとは思いませんでしたが、圧倒的な存在感や迫力があったことを覚えています。
最近のように素人が席巻した一発芸でない、浅草などで目利きの客に鍛えられた芸を肥やしに、一皮むけてからのコメディアンや俳優としての活躍は目を見張るものがあります。「みごろ・たべごろ・笑いごろ」は今でも懐かしく初回版DVDを購入しました。





「おやじ」伊東 四朗は感電させる。
(1998.07.21 毎日新聞 キャラクター図鑑)


itoh3.jpgその昔、「電線マン」が画面に登題すると、怖かった。何が、というのではないのだがヽ、すべてをかなぐり捨てた時の、大人の本気のようなものが見えて、太刀打ちできない気がした。栄養ドリンクのCMでも、焼きノリのCMでも、同様に、大人の世界の不条理を感じた。伊東四朗とはこういう人なんだ、と焼き付いたものだ。
ある年の「紅白歌合戦」にゲスト出演した折、楽屋通路で見ていたら、相当、大物の歌手やタレントが、伊東に深々とあいさつする。伊東は、大物ぶるでも卑扁になるでもなく、悠々と過ぎ去る。「コ、コワイ」と焼きノリCM状態になってしまった。
見ちゃいけないものを見た気がした。消費者が知り得ぬ「お笑い」の位置を突きつけられた気がしたのだ。確かに、もはや伊東は「お笑い」ではない。が、「お笑い」の持つすごみと底力を今も維持し続けている。だから、懐かしの、そしてあこがれの「おやじ」にビンビン感応してしまうのか.
【川崎浩】


いとう・しろう
記事写真1937年6月15日ぐ東京都生まれ。.血液型O型。58年、石言均一の「笑う仲問」一座に参加。62年、三波伸介、戸塚睦夫とてんぷくトリオを結成。「てなもんや三度笠」などテレビに出演し人気スターとなる。73年、戸塚の死で解散。俳優・タレントとして独立し、77年「電線音頭」で個人タレントとしての人気を不動にする。その後、性格俳優としての活躍が増え、、現在「海まで5分」(TBS)で古典的おやじを演じる。



itoh4.jpg

関連記事

この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿

















この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
→http://77117c.blog118.fc2.com/tb.php/24-e8873d57
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
カレンダー

最近の記事
FC2カウンター

最近のコメント
カテゴリー
ツイッター

月別アーカイブ

リンク
プロフィール

Groove

Author:Groove
音楽(クラシックと演歌以外)と、映画、PCの日々。古い話を含め、お気に入りを書いていきます。

ブログ内検索

RSSフィード