These foolish things

音楽を中心に新しいもの、古いものをなどMy Favaritesを。時には映画やWho's Whoなども

映画「上京ものがたり」

上京ものがたり


また、西原映画に行ってきました。先入観を持たないよう原作は敢えて事前に見ないでおきました。

001_20130901114142f3c.jpg

ストーリーは先の映画「女の子ものがたり」で描いていた、主人公が上京するまでと、成功したまんが家になってからのちょうど中間の時期で、上京してから一流の地位に這い上がるまでを描いたものでした。美大で成績最下位のおちこぼれが「最下位には最下位なりの戦いかたがある」と、働かないプー太郎と同棲しキャバクラ勤めをしながらエロ雑誌のカット書きなど、「お金になる」ことを最優先課題として頑張って次第に認められていきます。監督は「女の子ものがたり」と同じ森岡監督で似たシーンも多く、どこかで見たと思った顔だと思ったら、「女の子ものがたり」で、みさ役を好演していた高山侑子さんだったりして続編のような感じで楽しめました。

予告編

西原理恵子さんの出自については、成功するまでのギャンブル地獄や借金による破滅などが広く知られており(↓)、何も持たずに上京して、成功することは並大抵の能力や努力ではなかったと思います。映画では負のループを必死に抜け出すまでの赤裸々な日々を少し上品に描きすきだったような気もします。あるいは、私自身が映画に登場する美大やまんが家/出版社、キャバクラなどの世界とは全く無縁だったため、「上京ものがたり」の世界に入り込むことができない自分の限界のせいかも知れません。

002_20130901114140dd8.jpg

「上京ものがたり」は、「パーマネント野ばら」や、「女の子ものがたり」、「毎日かあさん」ほどの圧倒される強烈なインパクトはなかったものの、やはり西原世界は楽しめました。この映画は打切りされる前に滑り込みで見ることができたのですが、200人くらいの映画館で10~15人くらいの観客でした。西原原作の映画化は一般向けではそろそろも終わりかと思われるような少なさで残念でした。

過去の記事
女の子ものがたり
パーマネント野ばら
毎日かあさん

関連記事

この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿

















この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
→http://77117c.blog118.fc2.com/tb.php/190-44676a97
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
カレンダー

最近の記事
FC2カウンター

最近のコメント
カテゴリー
ツイッター

月別アーカイブ

リンク
プロフィール

Groove

Author:Groove
音楽(クラシックと演歌以外)と、映画、PCの日々。古い話を含め、お気に入りを書いていきます。

ブログ内検索

RSSフィード