These foolish things

音楽を中心に新しいもの、古いものをなどMy Favaritesを。時には映画やWho's Whoなども

映画「モテキ」

映画「モテキ」


先日レンタルビデオ店に行ったところ、Perfumeが出演したこともあり前から気になっていた映画「モテキ」のレンタルが思いがけず開始されていたので早速借りてきました。

004_20120317181322.jpg  003_20120317181322.jpg

映画の始まりの部分は幸世(森山未來)のダンスシーンもあって楽しめたのですが、後半は普通の恋愛ドラマでした。思いをよせているみゆき(長澤まさみ)ではなく、その友人のるみ子(麻生久美子)に告白され、そのまま関係を持つのですが、るみ子に対する態度が最悪だと感じました。るみ子の好意に気がつかないかあるいは無視して、みゆきの様子をるみ子から聞き出そうとしたり、るみ子に好きだと言われても露骨に断り、せめて友人でと言う申し出もむげなく拒否します。婉曲に断るのも反って残酷かもしれませんが、るみ子を重く感じたのは分かるにせよ、物には言い方があるだろうと感じました。 

幸世は20代そこそこならまだ理解できるものの、30代でこの自分中心の世界感では幼い感じで人間関係での成長の跡が感じられませんが実際はこんな人も多いのかも知れません、 

016.jpg  015.jpg

逆に吹っ切れたあとのるみ子がホテルからの帰りに寄った吉野屋で勢いよく牛丼をかきこみ、お代わりをしたシーンでは店にいたほかの客と同じように拍手を送りたくなりました。ちょい役で出ていたスナック店員の愛(仲里依紗)や「もっと自由になどとは限られた人間にだけ許される言葉、お前は違う。黙って働けバカ」と一喝する上司役を演じた真木よう子もいい役でした。

008_20120317181321.jpg  006_20120317181321.jpg

最後は幸世とみゆきはハッピーエンドを迎えます。この展開もありでしょうが、みゆきは「幸世君とでは成長できない」と言っており、逆の結末でも良かったような気がします。女性に断られ仕事で挫折して男はガキからだんだん大人になっていけるのしょうから。ただし、幸世は敵わないと思う相手でもぶつかっていける勇気も一方で持っており、向上するチャンスは多いにあるとも感じました。評価が難しい映画でした。




映画に出てくる「ナタリー」や「神聖かまってちゃん」等のサブカルチャーはほとんど知りませんでした。歌でも知っていたのは、竹内まりやの「カモフラージュ」だけでした。
関連記事

この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿

















この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
→http://77117c.blog118.fc2.com/tb.php/164-fe816b48
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
カレンダー

最近の記事
FC2カウンター

最近のコメント
カテゴリー
ツイッター

月別アーカイブ

リンク
プロフィール

Groove

Author:Groove
音楽(クラシックと演歌以外)と、映画、PCの日々。古い話を含め、お気に入りを書いていきます。

ブログ内検索

RSSフィード