These foolish things

音楽を中心に新しいもの、古いものをなどMy Favaritesを。時には映画やWho's Whoなども

のだめカンタービレ(1)

のだめカンタービレ(1)


06年度下期に放送された、クラシック音楽のTVドラマです。人気コミックの実写版ですが、ほとんどコミックをそのままのストーリーにしており、ギャグたっぷりで、しかもクラシック音楽に対する深い思い入れがドラマの構成でも十分感じとれました。名演技/はまり役が多かったかなでも主演の、のだめ役の上野樹里さんも、玉木宏の千秋は特にイメージぴったりでした。最後のオーケストラの演奏シーン(特に卒業演奏会)のシーンでここに至るまでの多くの困難を乗り越えて、回想しながらも、これからを思い涙を浮かべて指揮する姿はドラマながら感動しました。


先にコミックを17巻あたりまで読んでいたのですが、月9で全10話の枠の制約か、さすがにロケはできないのか、ヨーロッパに行ってからの話には入らず、9巻までの話でした。演奏会シーンのヨーロッパ編は、日本での話題に比べて、より音楽中心の展開になるため、これでよかったのかも知れません。17巻までを読んだうちで、すぐに最も気に入った、故郷の川ぞいの道での再会シーンが、のだめが音楽を再び続ける決意をした直後で、TVでもクライマックス近くの構成となっていて感動的なシーンでした。


再会のシーン


収録はエキストラを募集して、数回行われており、私もその1回に参加しました。映画ほどではないですが、リハーサルを数回繰り返したり、個別に俳優毎のシーンを取ったり、指だけのシーンでは先生が弾いて撮影したりして演奏会場での数分のシーンを半日かけて撮影しており興味深かったです。収録後、上野樹里さんは素人のように、両手を体の前でひらひらさせてあいさつしながら、玉木さんは流し目をして退場していき、会場は大盛り上がりでした。


海沿いの道で


(つづく)

関連記事

この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿

















この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
→http://77117c.blog118.fc2.com/tb.php/14-9e6e9f8c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
カレンダー

最近の記事
FC2カウンター

最近のコメント
カテゴリー
ツイッター

月別アーカイブ

リンク
プロフィール

Groove

Author:Groove
音楽(クラシックと演歌以外)と、映画、PCの日々。古い話を含め、お気に入りを書いていきます。

ブログ内検索

RSSフィード