These foolish things

音楽を中心に新しいもの、古いものをなどMy Favaritesを。時には映画やWho's Whoなども

閑話休題(PCダウン/HDDの突然死)

閑話休題(PCダウン/HDDの突然死)


先の記事をアップして数日後、前日まで問題なく動いていたメインPCが突然起動しなくなりました。BIOSでみるとOSの入っているHDDが認識されていません。色々やっても変わらず、HDDが故障したことが判明しました。OSやデータのドライブはAcronis True ImageやBanbackupで不定期にバックアップしていたため、被害はバックアップ後からのみでした。

新品のHDDを購入してデータを書き戻すことも考えましたが、日々のスケジュールや各種設定、ブログデータなど日常のほとんどのデータを溜め込んでおり、クッキー/パスワードどなども設定してあるため、故障したHDDを回復することにして、専門業者に見積もりを依頼しました。上は数十万円から下は数千円までと色々でしたが、中程度のところに依頼しました。(当時は全くわかりませんでしたが、あとで調べたらこの業界もいろいろな会社があるようです)。結局、500GBのHDDデータを救出するのに2TBのHDDが数台買える金額がかかりました。

故障調査の結果はシーゲートの著名な不具合で、あるタイミングでロックが掛かるというものでした。中のデータには通常問題ないようです。メインマシンは2つのHDDを使っていて両方ともシーゲート製です。S.M.A.R.T.情報で温度や不良クラスタなどはチェックしていたのですが、ファームウェアの不具合による突然死の話は、うっすらと聞いてはいたものの、製造時期が違うと考え自分には関係ないと思っていました。一応、SEATOOLSも掛けましたが何故か動作しなかったため、地雷品のチェックは実施せずそのままにしていました。

地雷品

後から調べると、ST3500320ASのファームSD15は見事不具合該当品でした。
情報はこちら

ST35100341ASのファームCC1Hは不具合に該当していないようです。

不良クラスタ増加病あり

修理の間、予備マシンでメールなど最低限の作業は行えましたが、いつも4コアのAthlon Ⅱx4 635(2.9G)を使っていると、プラットフォームKT133AやKT400のシングルコアのマシンは いかにも動きが遅く、強い痛痒を感じました。新しいHDDに移したOSやデータも元通り復活してこのページを書いていますが、バックアップの必要性を強く感じました。また、PCが壊れるとなにも出来なくなり、特に日々のデータの整理が出来ないことにショックを受け、常日頃、如何にPCに依存しているかを改めて自覚した数日間でした。携帯がなくてもそんなことないのですけれど。

過去のPCのメンテの記事はこちら


久しぶりに動かした、古いマシンのIBMやWDなどのHDDは全く問題ありませんでした。
関連記事

テーマ:周辺機器 - ジャンル:コンピュータ

この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿

















この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
→http://77117c.blog118.fc2.com/tb.php/129-4fec3d5d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
カレンダー

最近の記事
FC2カウンター

最近のコメント
カテゴリー
ツイッター

月別アーカイブ

リンク
プロフィール

Groove

Author:Groove
音楽(クラシックと演歌以外)と、映画、PCの日々。古い話を含め、お気に入りを書いていきます。

ブログ内検索

RSSフィード