These foolish things

音楽を中心に新しいもの、古いものをなどMy Favaritesを。時には映画やWho's Whoなども

最近みた映画 「かもめ食堂関連」

最近みた映画 (映画かもめ食堂 関係)


かもめ食堂
の何気ない佇まいが、気に入ったので、関連する映画を見てみました。


プール
001_20101023150331.jpg

タイの菊子(もたいまさこ)の家で手伝いをしている京子(小林聡美)のところに、そりの合わない娘のさよ(加奈)が訪ねてきた数日間を描いた映画。かもめ食堂では異邦のフィンランドで全くの他人同士で問題を抱えた日本人や現地のフィンランド人が詮索しない、互いに頼りあわない大人の関係を保ちつつも、つかの間の「袖の触れ合い」をする佳品だったのに対し、本作品は親子の相克も中途半端で解決の兆しもはっきりしない、せっかくタイという仏教国で舞台を持ちながら、タイ人と関係もほとんどなく、余命が短いと告白する菊子についても生き方がストーリーに現われず、物足りませんでした。涅槃仏や映画の題名のプールはでてくるのですが、何のために登場させたが不明でした。せっかく加瀬亮さんなど芸達者を揃えているのに。残念。過去のBC映画の日々の採点(5点満点)でいくと1点です。

めがね

002_20101023150348.jpg
ユージ(光石研)と、関係がよくわからないサクラ(もたいまさこ)がやっている沖縄か奄美の南の島の宿に携帯のつながらないところを求めてタエコ(小林聡美)が訪ねるストーリー。宿に客がくるのがおかしいような振舞をし、その都度、不審そうに顔を見合わす宿の人たち。ずっと続く、だれもこないさとうきび畑のなかの白い道をトランクを引きずっていったりきたりする主人公。携帯電話がない場所に行かなくても、都会にいたままでも捨ててしまえばいいし、日常から離れるのなら、重いトランクを捨てたらと言いたくなりました。スローライフも実際に現地で生活するとそれなりに、大変なことが多くあると思うのですがそれも宿の人たちからは感じられず、途中で変わった宿泊人に作業をさせる宿の意味も不明で、かもめ食堂の荻上監督なのに残念。5点満点で0点

上の2点が残念だったので、次はお口直しに見た料理に関係する映画です。以下の2つは、食べることの重要さ、生きることとの関り、料理作りの手際、料理のおいしさ(おいしそう)などによって、それぞれ見応えがありました。



食堂かたつむり

003_20101023150358.jpg

主人公の倫子(柴咲コウ)が都会で同棲相手に開店費用を持ち逃げされ、ショックで声も出なくなって母ルリコ(余貴美子)の元に戻り、離れでレストランを開く。一日客は一組で料理はおまかせだが、食べた人は皆、願いがかなう。客として来た喪服を着た老婆(江波杏子)が、最初は表情がわからないほども映像も暗く、ずっと下を向いていたのが、フルコースの料理を食べていくうち、ベールをとり、手袋を外し、ショールを脱いで手づかみで肉をほうばるまでに変わっていくシーンは、生の根源に食があることを意味しているようで、演技とあいまって見とれました。私生児として生んだことで対立していた母親が亡くなったあと、本当の気持ちが分かったシーン、映画の最後でペットとして飼っていたブタを料理し、自分が客となって頂き、表情が変わって、「おいしい」と言葉も戻って倫子にも幸せがやってくるシーンなども、ベタかも知れないが良かった。柴崎コウさんは、少林少女以来。声を出せないという設定でしたが、目に力があり、表情のみで感情を良く表現していました。CGやアニメ満載で子ぎつねヘレンみたいでした。3点(5点満点)。


のんちゃんのり弁

004_20101023150409.jpg
ダメ亭主と別れて実家に戻った主人公の小巻(小西真奈美)が、仕事をしようと試みるものの、世間しらずで、子供がいるため午前中の仕事を探したりするもののうまく行かない。得意な料理で作った娘の弁当が幼稚園で評判になり、次第に評価が広がっていくうち、幼なじみとふと入った小料理店「ととや」でのサバの味噌煮に感動して、弟子入り志願し、紆余曲折の元で朝だけお店を借りて開店できることになる。料理屋の主人(岸辺一徳)に「子供の手だ」と言われたり、家庭料理と職業としてお金を貰って作る料理との違いを教わって、甘ちゃんだった主人公が成長して行く(「金をもらうのはわるいことではない。なにもせずにもらうのがわるいこと」などと教えられていました。)。最後近く開店準備をしながら、小巻が泣き出すシーンは、これまでの修行の思い出、プロとしてのスタートラインに立てた嬉しさ、これからの厳しさに対する不安と自覚などが交ざったいい場面でもらい泣きしました。ラストシーンは子供の初給食の日だったのも、子供も親も、次の段階に進むことを意味していていい場面でした。なにより料理が全部おいしそうでした。3.5点(5点満点)。

こうしてみると、パーマネント野ばら、のんちゃんのり弁、食堂かたつむりなど、一旦就職や結婚などして家を出た娘が母親の元に戻って新規巻き直しをするというパターンの映画が多いです。過去のしがらみからの解放、新しい行き方の模索などを描くのに良いシチュエーションなのでしょうか。しがらみにがんじがらめの男は主人公として登場しませんね。


関連記事

この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿

















この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
→http://77117c.blog118.fc2.com/tb.php/127-3bcb4917
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
カレンダー

最近の記事
FC2カウンター

最近のコメント
カテゴリー
ツイッター

月別アーカイブ

リンク
プロフィール

Groove

Author:Groove
音楽(クラシックと演歌以外)と、映画、PCの日々。古い話を含め、お気に入りを書いていきます。

ブログ内検索

RSSフィード