These foolish things

音楽を中心に新しいもの、古いものをなどMy Favaritesを。時には映画やWho's Whoなども

映画 「かもめ食堂」

映画「かもめ食堂」


酷暑のため、休日は部屋に引きこもって映画三昧の日々です。残念・外れとしか言えない映画もあるなかで、この「かもめ食堂」には参ってしまいました。

004_20100905205326.jpg   006_20100905205420.jpg

舞台はフィンランドのヘルシンキの日本食の食堂で、おにぎりが売り物で家庭料理が中心のメニューです。店主のサチエ(小林聡美)が一人で店を守っていますが、開店しても地元の客は全く来ません。そのうち、ミドリ(片桐はいり)とマサコ(もたいまさこ)の二人の日本人旅行者が店に気がついて足を止め、通ううち店を手伝うようになります。店主をはじめ、三人とも、日本を自分から見捨てて北欧にやってきた、いろいろな過去を持った人達です。そうこうして店を切り盛りするうち、良い匂いにつられて地元の客も増え、いろいろな客の様子から、ヘルシンキも理想郷でなく、日本と同じような問題を抱えて、自分を何とかやりくりしていることが分かってきます。店の三人も異郷でずっといつまでも同じではいられません。ミドリが自分がいなくなった時のことを尋ねたとき、サチエは「ずっと同じではいられない、人は変わっていく、でも大丈夫」と前向きに言い切ります。

007_20100905205430.jpg   011.jpg

この映画は北欧の食堂が舞台ということもあって、調理と食事のシーンが多いのですが、いろいろ問題を抱えていても、腹が減ったら、とりあえず食事をして元気を出して生きられるというシンプルなメッセージを伝えていました。
映し出される料理は、いずれも生唾を飲み込むほど美味しそうでした。画面も北欧らしく低い角度での斜めからの光がいつも逆光気味に食堂に差し込んで深い陰影を作っています。三人の女性が主人公で、日本の男は全く登場しませんでしが、「人生至るところ青山あり」と言う気概も失った大多数の男たちにとって、フィンランドはあまりに遠いということなのでしょう。全体として落ち着いたなかに、前向きの姿勢をもった佳品の名画だと感じました。
メニュー


映画を見て、啓発されチリメンジャコと梅のおにぎりを作りました。映画のシナモンロールは手ごわいので、発酵させた生地とソースでピザも作ってみました。

009_20100905205617.jpg


原作にはないムーミンのネタ「ミーとスナフキンは異父兄弟」、「ニュロニョロは元気を食べていきている」などがあったこともムーミン好きの私のツボでした。

過去のムーミンに関する記事のリンクは下にあります。
ムーミンパパ海へいく(1)
ムーミンパパ海へいく(2)


関連記事

テーマ:日本映画 - ジャンル:映画

この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿

















この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
→http://77117c.blog118.fc2.com/tb.php/124-bb8b6fda
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
カレンダー

最近の記事
FC2カウンター

最近のコメント
カテゴリー
ツイッター

月別アーカイブ

リンク
プロフィール

Groove

Author:Groove
音楽(クラシックと演歌以外)と、映画、PCの日々。古い話を含め、お気に入りを書いていきます。

ブログ内検索

RSSフィード