These foolish things

音楽を中心に新しいもの、古いものをなどMy Favaritesを。時には映画やWho's Whoなども

ビンテージオーディオ

ビンテージオーディオ

修理に出していたオープンリールのテープデッキTEAC A-2300SRが久しぶりに帰ってきました。カセットデッキがまだ一般的ではなかったころ、FM放送をでエアチェック(死語?)をするにはオープンリールのテープデッキしかありませんでした。最初に購入したオープンリールデッキは、今は亡き赤井電機から当時新発売された1モーターでレバー操作の4000シリーズ(GXヘッドになる前)の最上級機の4440Dでした。テープの資産は増加しましたが、メカが経年変化でぼろぼろで修理不能となったため、かねて憧れだった、2つのリールとキャプスタンをそれぞれ専用モーターで動作させる3モータデッキのTEAD A-2300SRを中古で購入しましたが、ピンチローラの動きがおかしいため、レストアしていたものです。
A-2300SR (ゆっくり回る7インチテープを見ているとほっこりします)

早速、テープを再生してみると、落ち着いた安心できる感じの音です。近年のデジタルオーディオやPCで作成するmp3音源などとは、どこがとは明確に言えないものの何かが違うと感じます。テープ音源は古い日本のジャズが大部分で、デッキにかかっているのは菅野邦彦と北村英治ががNHK-FMで共演した74年の録音テープです。



現在のオーディオシステムは
アンプ                YAMAHA CA-1000Ⅱ
レコードプレーヤ    TRIO KP-7070
カートリッジ          オーディオテクニカAT-130E/G
スピーカー          YAMAHA NS-1000M
CDプレーヤ         SONY CDP-997
チューナー          YAMAHA T-5D
カセットデッキ       TEAC C-3RX
オープンデッキ    TEAC A-2300SR

1000Ⅱss(名機、重い)

CDP-997 (音場を加工できる)

KP-7070 (当時は、マニュアル機が中心)

TEAC C-3RX (dBXは効果大)

T-5D

YAMAHA NS-1000M (PCもオーディオも1000Mから音出し)

で、CDプレーヤ(故障したためSONY CDP-55から買換え)とチューナー(大きすぎるのたと、AM放送も必要なため、FM専用チューナTRIO KT-7700を置き換え)以外はかれこれ30年以上経過したヴィンテージオーディオです。AVアンプ系も所有していますが、大きくて重い電源を持ったアナログオーディオは、オーディオマニアでない私でも違いがわかります。TEACのデッキに採用されたdbxシステムなど当時の技術の粋を集めたものでした。それぞれ調子の悪い箇所も持っていいるので順番に修理しながら、過去の機器と音源を末永くつきあっていくつもりです。オープンリールテープ、LP、カセット等多数あるので、そのまま聴くかデジタル音源に取り込むかが思案中です。
KT-7700 (トリオKT-4005の佇まいが好きでした、写真はKT-7700)


4440D   A-650(今は亡きデッキたち)



本日(4/17)は
映画 のだめ最終楽章後編公開
ムツばあさん再放送
MUSICA
があって楽しみな日です。5月になれば 大好きな「パー マネント野ばら」の映画が見られます。写真のスピーカーシステムの間に見えるモニターに主演の菅野美穂さんの「インドヨガ聖地への旅」が丁度かかって います。

太田部楢尾へ(ムツさん宅訪問)記事はこちら

関連記事

この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿

















この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
→http://77117c.blog118.fc2.com/tb.php/115-a3c5c2b7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
カレンダー

最近の記事
FC2カウンター

最近のコメント
カテゴリー
ツイッター

月別アーカイブ

リンク
プロフィール

Groove

Author:Groove
音楽(クラシックと演歌以外)と、映画、PCの日々。古い話を含め、お気に入りを書いていきます。

ブログ内検索

RSSフィード