These foolish things

音楽を中心に新しいもの、古いものをなどMy Favaritesを。時には映画やWho's Whoなども

アニメ のだめフィナーレ

アニメ 「のだめカンタービレ フィナーレ」


みーんな バカ 

コミック、映画、アニメと三つ巴で展開してきた、のだめ物語のうち、アニメ版がいよいよ最終回に差し掛かっています。アニメ編は国内編の第1部(23話)、パリ編(11話)、第3部に相当する現在放送中のフィナーレ(11話?)、と全て録画してリアルタイムで見ています。国内編のころは、コミックと人物の顔の違いに違和感があるなど、しっくりしないところもありましたが、最近また再び国内編から通して見直してみると、思いかけず心惹かれ、特にパリ編、フィナーレと進むにつれて、どんどん盛り上がってきたように思います。

コンサート  ついに

コミックと違って、アニメでは演奏のシーンで演奏する動きが再現でき、さらに音楽がテーマであるという特殊性から最も重要な音楽が音で表現できるという点で、プラスに働いているのでしょう。コミックや映画(まだ、後編が残っていますが)ど同じように感情移入してしまい、コミック等でストーリーは知っているシーンでもまた涙腺を刺激されます。

ターニャとターニャ 

メインの二人はもちろん、サブキャラクタも主人公の引き立て役でなく、それぞれ才能と苦悩を抱えた、音楽人としてきちんと書かれています。とくにお気に入りは、「ピアノが弾けなければロシアから来た、ただの田舎娘」のターニャです。千秋やのだめに対して「成功する人とは、こういう人達なんだ」と思い、それに対して、努力だけでは到達しえない自分の音楽家としての限界が見え、諦め、羨望、逃避としての結婚願望等の感情が入り乱れています。最初は暗いとして見向きもしなかった、黒木君に知らず知らずのうちに惹かれていくさまが見事に表現されています。アパルトマンの皆にたいしても、「みんな、バーカ」と最大の共感を示し場面がありますが、いいシーンです。尺の関係で父の雅之や重要人物が出てこないのは、映画と同じで少し残念ですが、アニメものだめはやはり秀逸です。


エンドクレジットに出るCGも、音から手の動きを作るという関西学院大学の技術など、我々視聴者が気づかないところで、どんどんレべルアップしているようです。音楽もフィナーレはオープニングやエンディングともに気に入りました。

 さかいゆう / まなざし☆デイドリーム(0P)



風と丘のバラード/ Real Paradis with のだめオーケストラ(ED)



関西学院大学へのリンク
映画 のだめ最終楽章前編(感想)へのリンク
アニメのだめめカンタービレ(感想)へのリンク
関連記事

この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿

















この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
→http://77117c.blog118.fc2.com/tb.php/113-1032bbb6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
カレンダー

最近の記事
FC2カウンター

最近のコメント
カテゴリー
ツイッター

月別アーカイブ

リンク
プロフィール

Groove

Author:Groove
音楽(クラシックと演歌以外)と、映画、PCの日々。古い話を含め、お気に入りを書いていきます。

ブログ内検索

RSSフィード