These foolish things

音楽を中心に新しいもの、古いものをなどMy Favaritesを。時には映画やWho's Whoなども

映画のだめカンタービレ 最終楽章前編

映画 のだめ最終楽章 前編

のだめの映画がようやく封切りされたので、近くの劇場に行ってきました。最近は映画はDVDなどでみるのが多くカ映画館できちんとみるのは久しぶりでした。特にクラシック音楽が登場するので音響のいい(THXでしたが)映画館で見ると、大きな音が出せない家での鑑賞とちかって迫力万点です。

1812年    バッハピアノ協奏曲1番 

映画は最終楽章前編で、月9ドラマ枠の連ドラでの日本編、スペシャル枠でのヨーロッパ編に次いで、最後2編のうちの前半という位置づけでした。即ち、長いのだめ物語の最終回の1回前という感です。私はこれまでの放映(録画やDVD)、コミックを持っているため、つながりは理解できましたが、これまでの永い経緯をあまりしらない観客には理解できないことがあったと思います。

映画の内容はスペシャル編で指揮者コンクールで一位になった千秋がダメダメなルー・マルレオケに関って建て直し、コンサートですばらしい演奏でオケを再建するさまを描いた内容が中心で、最後の山場がクライマックスでした。クラシックの曲はあまり知らないのですが、チャイコフスキーの「1812年」や、弾き振りをした、バッハ「ピアノ協奏曲第1番」は良かったす。1812年はロシアとナポレオンとの戦争もテーマのようで、本物の大砲をドラやティンパニーの代わりとして鳴らしていました。

先輩と共演です2   マングース 

千秋がオケに関って立派にコンサートを成功させて、みんなが喝采しているときに、千秋先輩はのだめを置いて先にいってしまったことを、「ずるい」と言って一人で落ち込んで行くのだめが、印象的でした。前編ではほとんどの部分は比較的リラックスして見ることが出きる内容だったのですが、物語の最後となる映画の後編ではさらに、テーマは精神の深みを描くことになると思われます。二人の熱演に拍手(特に、のだめの上野樹里さん、この永い物語が「千秋物語」でなく、「のだめカンタービレ」でのだめが主人公であることを理解しての熱演でした。)

 仲良し  1812年2

(後編への期待)
二人は、それぞれ抱えている焦燥と葛藤、嫉妬などで、共に打ちのめされます。のだめは千秋とRuiの共演で、ずっと描いていた希望の姿を完璧に他人に実現されてしまい、目標を失ってダメージを受け、立ち上がれなくなります。ミルフィーに共演の舞台に引き上げられ大成功しても、なお自分の立つべき位置を見失って彷徨い、これにショックを受けた千秋はかっての俺様キャラから、放心状態になって落ち込んでしまいます。二人の間にある、音楽と恋愛のこんがらかった部分をひもどかないと、二人の行く先が見えてきません。千秋はさらに同業者であり大きな存在である父雅之との相克からの解放という課題も抱えています。これ二人が乗り越えていくさまをどう映画で表現するか。

つづく

4月の後編が待ち遠しい、前編でした

コミックの感想はこちら

先輩と共演です

関連記事

この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿

















この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
→http://77117c.blog118.fc2.com/tb.php/107-81dd1b52
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

-

管理人の承認後に表示されます 【2010/11/19 14:36】
カレンダー

最近の記事
FC2カウンター

最近のコメント
カテゴリー
ツイッター

月別アーカイブ

リンク
プロフィール

Groove

Author:Groove
音楽(クラシックと演歌以外)と、映画、PCの日々。古い話を含め、お気に入りを書いていきます。

ブログ内検索

RSSフィード