These foolish things

音楽を中心に新しいもの、古いものをなどMy Favaritesを。時には映画やWho's Whoなども

寺尾聰ライブ

寺尾聰ライブ



WOWOWで寺尾聰さんの2016 The Precious Live Tokyoをやっていた。昔、キーボードのレッスンに通っていたころ、アルバム「Reflections」をすごくの気にいったこともあり、アルバム中の一曲「北ウィング」をアレンジしてグレード試験で使ったこともあって懐かしかった。出航(SASURAI)や喜望峰も良く聴いていた。ライブの背景のビル街もずいぶんお洒落だと思ったら、書き割りではなくどうやら本物のようだ。仕事で六本木に行くことはあるがディナーショーは流石に縁がない。


20170924f


WOWOWでは他にも時々懐かしい人のライブを放映してくれるので、録画して繰り返しみている。写真は鬼束ちひろさんのライブでの「流星群」。
20170924d.jpg


他にも、小椋 佳さんの生前葬コンサートでの「少しは私に愛を下さい」など。30年くらい前に放映された、俺たちの旅10年目の再会 では小椋 佳さんの曲が多く使われていたけれど、なかでもバックに流れていたこの曲を聞くと今も涙腺が緩む。
20170924g.jpg


みんな、年代や生きてきた道も違うけれど、今日でもこうしてステージに立てている姿に元気を貰える。

ヤビツ峠再訪

ヤビツ峠再訪


1980年代、たぶん85-86年頃に一度だけヤビツ峠を訪れていた。当時はまだようやく若葉マークがとれた位の時で、予備知識もなしでマニュアル車(年代からして117クーペ)で挑戦した。1車線あるかないかのとんでもない道路で必死にハンドルを操作してこわごわなんとか通過した記憶がある。

20170904as.jpg宮ヶ瀬湖

なぜか懐かしく思えて、その後再訪しようとしたこともあったが、落石や積雪で通行止めになったりしていて足止めされていた。今回、平日に休みが取れたので再び訪れてみた。宮ヶ瀬湖に行き裏ヤビツから走り出した。ヤビツ峠の道の記憶はほとんどなく、道らしい道でなく舗装もない獣道のようなところだったような気がしていた。実際はさすがにそれほど酷い道ではなかったけど、クルマ台くらいの幅しかなく、すれ違いができないようなブラインドコーナーだらけの大変な道だった。ヤビツ峠まで出会った対向車はほんの数台で助かったが、それでもギリギリのすれ違いを余儀なくされた。そんな道が20km近く続いてやっと峠に着いた。

20170904bs.jpg裏ヤビツ入り口

20170904cs.jpg細い道

20170904es.jpgヤビツ峠

20170904ds.jpg展望台からの眺め

表ヤビツを通り、伊勢原に降りてきた。数十年来の憧憬の地だったヤビツ峠だがもう行かないか、あるいは行けないかもしれない。

過去の記事







カレンダー

最近の記事
FC2カウンター

最近のコメント
カテゴリー
ツイッター

月別アーカイブ

リンク
プロフィール

Groove

Author:Groove
音楽(クラシックと演歌以外)と、映画、PCの日々。古い話を含め、お気に入りを書いていきます。

ブログ内検索

RSSフィード