These foolish things

音楽を中心に新しいもの、古いものをなどMy Favaritesを。時には映画やWho's Whoなども

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オーディオのメンテ (ビンテージオーディオの終焉)

オーディオのメンテ
(ヒンテージオーディオの終焉)


数年まえにパワー部が壊れたため、プリ部のみ使用してきたプリメインアンプのヤマハCA-1000(Ⅱ)ですが、遂にプリ部もノイズまみれとなり、かつセレクタとしても動作しない状態となって御臨終を迎えてしましました。思えば40年近くもよく働いてくれました。修理して使えないかとヤマハに問い合わせたところ無理だとのことで、最終的に諦めました。これで、就職後に揃えたビンテージのオーディオは、レコードプレーヤとスピーカーを残してほぼ全滅となってしまいまいした。(最近のオーディオシステムの記事はこちら)


主にパワーアンプ部として使用してきたYAMAHA DSP-AX450にはPhono入力がなく、LPレコードガ聞けないため、遊休状態となっていたミニコンポのプリメインアンプDENON UPA-F88をセレクタおよびPhonoイコライザとしてとりあえず使用することにしてセットを組みなおしました。CDプレーヤも音とびが頻発するので交換品を入手しました。


20160813d.jpg


これで
アンプ(プリ部)  YAMAHA CA-1000Ⅱ→DENON UPA-F88
アンプ       YAMAHA DSP-AX450
プレーヤ      TRIO KP-7070(カートリッジ テクニカAT-130E/G)
CDプレーヤ     SONY CDP-997→YAMAHA CDX 600
チューナー      YAMAHA T-5D→アンプ内蔵のチューナ部を使用
カセットデッキ    A&D GX Z-6100
N/Rシステム    dBX 222
スピーカ群
メインス        NS-1000M
サラウンド      NS-1000MM
センター         NS-10MM
サブウーハー    YST-SW45
とYAMAHAメインのシステムとなりました。(赤字は現役)

アンプ系はテレビ用として使っていたAVアンプとサブ用だったミニコンポ用アンプとなってしまいました。まだこのシステムでの音をじっくりと聞いていませんが、ピュアオーディオ用としては物足らなく感じる可能性もあるため、更新しようかと検討を始めています。ただし、映画などではAVアンプのサラウンド効果も楽しめるため、AVアンプでグレードアップしようかとも思っているのですが、最近の傾向は全くわかりません。マルチチャンネルシステムはどんどん新しいフォーマットになっているようだし、ネットワーク対応やDLNA,Wifiなどとも接続できるらしいので、ぼちぼち勉強してみようと思っています。



スポンサーサイト

カレンダー

最近の記事
FC2カウンター

最近のコメント
カテゴリー
ツイッター

月別アーカイブ

リンク
プロフィール

Groove

Author:Groove
音楽(クラシックと演歌以外)と、映画、PCの日々。古い話を含め、お気に入りを書いていきます。

ブログ内検索

RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。