These foolish things

音楽を中心に新しいもの、古いものをなどMy Favaritesを。時には映画やWho's Whoなども

Little Glee Monster

Little Glee Monster


録画した表参道高校合唱部のビデオを繰り返し見ているうちに、主題歌である「好きだ。」が気にいった。始めはドラマの出演者が歌っているのかと思っていたのだが、Little Glee MonsterというグループらしいということがわかったのでCD(Colorful Monster DVD付)を買ってみた。届いて聞いてみると驚いたことにまだ若い女子中高生を集めたグループであった。それでも全員歌唱力で選抜されたらしく、無伴奏の独唱でも正確な音程とたっぷりな音量で歌うなど全員歌がうまい。
 
20160228.jpg

ただ、元合唱部員としてはドラマが合唱部が舞台だった上にあのストレートなテーマで毎回引き込まれ、時には嗚咽しがら視聴していたのだが、このグループは合唱部というより、ソウル、あるいはゴスペルグループのようだと思った。前に、歌のうまさでゴスペラーズ、さらに昔はスタイリスティックスのアルバムを買ってみたことがあったが、結局継続したお気に入りにはならなかった。Little Glee MonsterがPerfumeのようにP.T.Aに入るほどFavoriteになるかゴスペラーズのように一過性になるかはまだ不明な状態にある気がする。

20170228b.jpg

付属のDVDでは渋谷O-Westでのライブが収録されていた。会場といい年代といい、10年前のPerfumeのブレーク前後を,現代において追いかけている状態のような気がした。さらにブレークしてほしい。


西原 理恵子 ダーリンは70歳

西原 理恵子 ダーリンは70歳


なかなか本屋で見つけられなくて、Amazonでさえ品切れだったりしたのだが、本日たまたま見付けたので購入。初版だった。

中身を一読してびっくり。極彩色の画といっぱいの乱雑なセリフで繰り広げる70歳と50歳のバカップルの珍道中の連続。初期のころの作風を彷彿とさせる高須Dr.との本音まるだしの、まるで閨の様子を描いた日記のような生々しい逸話が続くなかで、たまにメルヘンのような時間が訪れる。こんな暴走する野獣のような西原と向かい会える高須克弥もなかなか大物だと思う(一連のネトウヨ発言はいただけないけど)。

20160213.jpg

毎日かあさんでは、全国紙での掲載でかなり我慢していたのだと思わせる、リアル全開だけど何回か読むとそのたびに感想が変わる不思議な本だった。これもありかと思うけど、私はこんなにパワフルな、ドキュメントや日記のような本書ではなく、フィクションの世界である「パーマネント野ばら」の叙情のほうが向いているのかと思った。


カレンダー

最近の記事
FC2カウンター

最近のコメント
カテゴリー
ツイッター

月別アーカイブ

リンク
プロフィール

Groove

Author:Groove
音楽(クラシックと演歌以外)と、映画、PCの日々。古い話を含め、お気に入りを書いていきます。

ブログ内検索

RSSフィード