These foolish things

音楽を中心に新しいもの、古いものをなどMy Favaritesを。時には映画やWho's Whoなども

WindowstとMac

WindosとMac
(i-Phone販売について思ったこと)


あまり、否定的な内容は書かない方針の当ブログですが、今回は例外です。以下はMacやi-PhoneなどApple社製品のユーザには快くない内容が含まれていますので、気になるかたは読むのは御遠慮ください。




30年くらい前に所属していた部署には2つの課がありそれぞれの課の主流のパソコンはMacintoshとWindows(あるいはMS-DOS)でした。お互いにそれぞれのOSにケチをつけて対抗していたものです。私はMS-DOS側の所属でしたので、必然的にMS-DOSやWindowsを使うようになりました。その当時MacはすでにドットフォントながらすでにWYSIWYGに対応していたと思います。隣の課では見栄えのするプレゼンテーション資料をPOWERPOINTで作っていて、対抗してDOS版のフリーランスを使ったりしていました。


永い年月がすぎても、私はMS-DOS3.0やWindows3.0,3.1からのWidowsユーザで、MacintoshなどApple社の製品は所有したことはなく使ったこともありません(i-Macやi-Podくらいは名前くらいは知ってます)。とういうわけで、Apple社とその製品に対してはもはや宗教上の忌避に近い感情を持っています。


023.jpg     024.jpg


その理由は次のとおりです。

スノッブ感
Apple社の製品を取り扱っている店に行くと、入り口に近い最も良い場所に広々と場所をとってApple社の製品が展示されており、ユーザにWindows-PCやAndroid OS塔載端末に対する優位性を強調しているような感じです。まるで米軍基地とその外側の密集住宅のようです。おそらくApple社の要求によるものだと思いますが、このようにApple社および信者の持つこの夜郎自大、スノッブ(優越)感は私には耐えがたいものです。


ファナスティックな信者たち

ニュースで報道していたように、新端末の販売のたびに数日前から徹夜して行列し真っ先に入手して悦に入っている人たちがいます。たかが道具なのになぜそんなに有難がるのか理解に苦しんで、一歩引いてしまいます。クリエイター達は昔からMacintoshを使っているのも、 IllustratorなどAdobe社の製品が対応していたからだと思うのですが、やはりそこにも優越感や選良意識を汲み取ってしまいます。S.ジョブスがAndoroidを潰すと言ったように私は何事によらず常に上から目線の人達が苦手です。


秘密主義と独占主義
ハードやソフト、販売にいたるまでの統合・囲いこみ主義も苦手です。また、何をするのにもApple社の承認が必要で、端末のアプリもApple-storeなどに事実上限るなどすべて自分の手中に収めて制御し利益をひとり占めする仕組みは企業の方針としては有り得るかもしれませんが、UnixやAndroidの世界のようにカスタマイズが可能なオープンな世界とはかけ離れたものだと思います。サードパーティ製の周辺機器もオープンに使えるPC/AT機を開発し最終的にはLenovoに事業自体を売ってしまったIBMの方がまだ潔い気がします。当時各社ごとに異なっていた日本製のMS-DOSマシンやソニーのATRACが衰退したように、制約のない自由な世界のほうが伸びるような気がします。


デザイン至上とハード軽視

私は嘗ての職場で技術者達が新端末の開発のため、連日深夜まで働く様子を見てきました。△月△△日までに容積○○cc以下かつ□□グラム以下などの目標に対して、部品の小型化や実装方法の改良など血のにじむ努力をしていました。そうしてできた製品や部品、あるいは技術を各社競合させて安く買いたたき、見た目の新しさで作った製品を売り出すやり方は嘗てハード技術者の端くれだった私には耐え難いものでした。


本記事の内容は記憶で書いていますので一部内容が間違っている可能性があります。その際はご容赦ください。


466.jpg 
(追記にFMV425sD2↑の記事あり)



[Read More...]

生きづらい社会

生きづらい社会


「生きづらい社会」のテーマに対して考えていたとき、ふと目に止まったブログ記事や番組(NHK Eテレ/ハートネットTV)。下の引用記事を見て涙が出ました。これらのエントリのような、きちんと筋道だって考えてた記事は到底書けそうないけど、今後はこのテーマでもなんらかの応援メッセージを発信しようと考えています。

(以下引用)

心が強くなくたっていいんだよ、と言えるように
身体でも心でも鍛えることができるといった価値観は、結局のところ多くの人を生きづらくしているだけなんじゃないだろうか。「強くあれ」という風潮は、なんだかとても息苦しくて、強さがすべてではないはず、なのに。心の強い弱いも、身体と同じように個人差がある。

(中略)

自分のそのままのこころを押し込めることなく、自由に感じるがままに生きること。そして、親しい誰かの心も、そのままの受け止め自分の意に沿うように操ろうとしたり説教したりしないで受け止めること。受け入れ受け止めてしまえば、心が弱くたって「これがわたしなんだ」と生きていけるし、寛容さという「心の強さ」とは別の強さを持つことだってできる。

とある自活できてない非正規社員のこれまで
わたしの今までの選択がすべて間違っていたと言われたら、それはその通りだ。自業自得だとか甘えだとか言う人ももちろんいると思う。だけど、いつの間にか、努力でどうにかなる範囲をとっくに超えた人生になっていた。
果たして、人生における選択をまったく間違わない人なんているだろうか?そして、選択を間違ってしまった人が、別の正しい選択をできる世の中だろうか?病気で一旦リタイアせざるを得なかった人が、その後無理のない範囲で働きながら自活していける世の中だろうか?

(中略)

なぜ自分のこれまでを書いたのかというと、選択の誤りとやり直しについて伝えたかったから。誰だって選択を誤ることはある。病気をすることもある。思わぬことで正社員ルートから落ちてしまうことはある。糊口をしのぐのに精一杯で、スキルなんて積んでいられない人がいる。将来への不安で眠れない夜を過ごす人もいる。お金も自分への自信もなくて、結婚はおろか恋愛なんて考えられない人もいる。こういう人たちを、自己責任と切り捨ててしまうのはどうなんだろうね。

シリーズ 20代の自殺 第1回 生きる力を奪う “生い立ち”のトラウマ



[Read More...]

休日はPCのメンテ (6) スリムPC

スリムPCの導入


現在のPCはWindowsXP(32bit)と、Window7(32bit)の2台ですが、XPマシンはそろそろ引退させようかと思っていました。しかし長年使い込んでメンテ・改造してきたXPマシンは自分の部屋のように隅々まで馴染んでおり、この機械を分解して新しいハード/ソフトを導入して0から整備するのは不安でした。そこで徐々に環境を新O/Sに移行させることにし、過渡的に3つのO/Sマシンを並行して使用するためWin8.1マシンを新しく導入することにしました。新しいO/Sのマシンはしばらくは動画再生中心に使用することにしたため、現状の2台のミニタワーマシンよりも小型にして省スペースを目指しました。


マシンの構成は以下のとおり、ずっとAMDを贔屓にしているので今回もAMDプラットフォームで作ることにしました。とりあえずなるべくコストは低く性能はそこそこを目指しました。ケースは前面USB3.0はないものの電源付で一番安いものです。M/Bは過去のマシンがほとんどASUS製だったこともあり、今回は目新しいところでMSIにしました。MSIはMS-5163(socket7 440TX互換)以来久しぶりです。
全体の構成は以下のとおりです。

ケース 恵安 KT-MH803
M/B MSI A88XM-E45
CPU AMD A8-5600(3.5GHz 4コア)
メモリ SanMax DDR3 PC-1600 4G*2
HDD WD WD20EZRX (2TB)
光学ドライブ LG WH14NS40K (ブルーレイ書込み)
O/S MS-Windows8.1 64bit


003_2014091419400994f.jpg


組み立てたころ、MicroATXとスリムケースの組み合わせは予想どおりケース内が狭くて作業しにくかったです。また、光学ドライブとHDDはなんと上下で向きを90°傾けてベイにマウントする仕様でした。電源とケーフルを無理やりケースに押し込んで完成。電源が入らなかったり、Windowsのイントールが始まらないなどトラブルが少しあったものの数時間で一応完成。デスクトップ以外にタイル画面があったりして目新らしいです。これから徐々に理解して使いやすくしていきます。

002_20140914194008e47.jpg

現在はとりあえず動いていますがリテールクーラの能力不足かCPUの温度が無負荷で35℃、負荷を掛けると70℃以上となるため、放熱用グリースを付け直してCPUを再取り付けし、ハードウェアのモニタソフトチェックしながらエージング中です。

001_20140914194006e4a.jpg
(右側が新スリムPC、負荷を掛けない場合2コアで動作しているようです。)



過去記事

新マシン組み立て
新マシンケース変更
環境の更新




カレンダー

最近の記事
FC2カウンター

最近のコメント
カテゴリー
ツイッター

月別アーカイブ

リンク
プロフィール

Groove

Author:Groove
音楽(クラシックと演歌以外)と、映画、PCの日々。古い話を含め、お気に入りを書いていきます。

ブログ内検索

RSSフィード