These foolish things

音楽を中心に新しいもの、古いものをなどMy Favaritesを。時には映画やWho's Whoなども

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Perfume 東京ドームツアー

Perfume東京ドーム公演



002_2013123113293173a.jpg

ドームツアーの最終日、12.25の東京ドーム公演に行ってきました。席は会員用?のバックネット裏、フェンスから4-5列目という絶好の位置でした。ステージ開演前はセンター付近のメインステージが遠く感じましたが、終わるころには慣れたのか、ずいぶん近く感じるようになっていました。音も前回参加した、対バンツアー(ダイバーシティ東京1日目、斉藤和義さん)ほどではなかったものの、重低音も結構響いていたと思います。

001_2013123113293741f.jpg   003_20131231132935c9d.jpg  004_201312311329349e6.jpg

セットリストはバキバキな最新のアルバム「Level3」からの曲がほとんどでしたので、3時間近くずっとメンバーに合わせて腕を振ったり、ジャンプしたりで、大いにステージを堪能しました。どの曲もプロジェクションマッピングやレーザーと照明のコラボレーションが凄くて圧倒されたため、個別の曲についてはあまり覚えていませんが、Party Makerはその中でも迫力や凄さが記憶に残っています。2/1にWOWOWで放送されるそうなので、追体験したいと思います。スタンド席には風船や銀テープが降ってこなかったので入手できず、唯一の心残りでした。



スポンサーサイト

安藤美姫選手

安藤美姫選手


002_201312141356100fc.jpg

先日開かれた、ゴールデンスピン大会で、安藤美姫選手が2位となった。安藤選手といえば休養/突然のシングルマザ-カミングアウト/第一線復帰以来、世間の敷いたレールからの逸脱、父親を明らかにしないことへのバッシング、詮索などで競技以外の面で好奇心や悪意の目に晒されてきた。四面楚歌のなかで練習を積み重ね、よくここまで実力を回復してきたと思う。全日本選手権での結果次第でオリンピック代表の可能性もあり、代表選考は、選手の私事に囚われず客観的に選考してほしい。それでも、結果でなくここまでやってきたことで私は十分だ。基本的に私は、バッシングされている人達や弱い立場の人達に寄り添う立場でいるため、これまでずっと安藤選手を応援してきた。人生で色々経験した上で競技に臨むことは、他の世界を知らずに練習に明け暮れしている選手たちより、表現ゆたかに演じることができるのではないかと思う。

003_201312141356092ea.jpg

ところで、高須克弥院長は安藤選手のスポンサーを買って出たが、支援に名乗りをあげた理由として「子供を産んだら家庭に入るべきだとか、子供の父親は誰かとか、余計なお世話」 と発言している。まさに漢だね。

高須先生の発言記事
高須院長ブログの記事 「児童養護施設」


過去のツイート

フィギュアスケートの安藤美姫選手が出産したことで、巷が喧しい。スキャンダルと報じているマスコミもあった。一人の大人の女性が子供を産むこと、父親の名前を公表しないことを判断したら、それが全てではないか。私人が自ら公表した以上のプライバシーを詮索したり、決断を批判するのはお門違い。

高須先生が安藤選手のスポンサーに名乗りを上げた。高須院長といえば、東日本大震災ボランティア、奨学金、女子アイスホッケー支援等目立たずに多くの事業を行っている。自分でかせいだお金を社会的支援に回すなど、文字通りの「漢」で、高須包皇と西原教祖様は良識を超越した無敵のカップルであろう.


2013.12.31追記

006_2013123113293280b.jpg

全日本ではご存知のとおり、12.23のフリーも含めて7位に終わり表彰台に立てず、同時にオリンピックの舞台も逃した。強化選手でないことから、かなり無理な挑戦であったが、よく全日本のレベルまで回復したと思う。今後も選んだ道でがんばってほしい。シンブルマザーで競技と子育てを両立している姿をみてバッシングも少し減った感じでご同慶の至りである。









Perfume CD LEVEL3 そしてドームへ

Perfume CD LEVEL3 そしてドームへ


LEVEL3が届いてから、ステレオや携帯プレーヤで毎日聞いています。麺カタなどのライブに行って重低音の洪水に浸っていましたので。家でも少しでも再現しようとステレオは従来のシステム「アンプCA1000Ⅱ+スピーカNS1000M」に余っていたサブウーハーYST-SW45を追加し、夜間用のヘッドホンとしてテクニカの重低音用SOLID-BASSシリーズの ATH-WS70としました。これで心置きなく楽しめるようになりました。


CDは久しぶりのバッキバキ系(GAMEやEDGEのような)で、前回のJPNと違いかなり尖った方向に振りきった感じで挑戦的でした。聴き始めてかなりの間、それぞれの曲の違いがつかめませんでしたが、1曲ずつ意識して聞いたり歌詞を見ながら聴くと確かに個性はあるのですが、クラシックでいう組曲のような感じで全体を順に全部聞いていると、起承転結のような感じで心地よく終わってしまいます。でも最近少しずつ違いが見えてきました。

いまのところ、歌が少しだけ間奏のように入りほとんどが音楽というPARTY MAKERが1番のお気に入りです。



最近、NHKなどで立て続けに特集があってファンとしては楽しい毎日でした。

MJ Presents Perfume & Technology
(ライゾマ展や新宿伊勢丹に行けなかったけど、この放送で楽しめました。)
004_2013120112590154b.jpg  002_201312011259073b0.jpg   


MJ Presents Perfume Live
(落選して行けなかったライブを見られました。番組の最後におまけとしてアジアツアーのライブでのEDGEを入れるなら、暗闇から一人ずつフリーダンスで現われる圧巻のシーンや体育館座りでの「だれでもいつかは死んでしまうでしょう」の場面はカットしないでほしかったです。
001_20131201125904aa1.jpg


魔法のメロディー

ビッグバンドは大好きなので一度に両方楽しめるため、リピ-ト視聴しています。
005_2013120112590063e.jpg

東京ドームがP.T.A.枠で当選したのであと一ヶ月弱楽しみに待っています。


テーマ:J-POP - ジャンル:音楽


カレンダー

最近の記事
FC2カウンター

最近のコメント
カテゴリー
ツイッター

月別アーカイブ

リンク
プロフィール

Groove

Author:Groove
音楽(クラシックと演歌以外)と、映画、PCの日々。古い話を含め、お気に入りを書いていきます。

ブログ内検索

RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。