These foolish things

音楽を中心に新しいもの、古いものをなどMy Favaritesを。時には映画やWho's Whoなども

スクラップブックより

スクラップブックより(5)


新聞の切り抜きから琴線に触れた記事を時折アップしていましたが、ここしばらくはそんな気持ちになる記事にお目にかかれませんでした。
しかし2011.11.30毎日新聞夕刊の木村万里さんのコラム「月間笑いに生アクセス」の落語家立川談志の記事は久しぶりに、書いた人の体温や息遣いが聞こえるような、湯気が立っている文章でした。私自身は立川談志の落語は聞いたことがありませんでしたが、木村万里さんにとって、一人の人間の一生を決めてしまうほどのインパクトのある芸と、その瞬間に居合わせそれによって影響を受けることができる感受性が揃った奇跡だったのでしょう。当人の下地の有無も大きいでしょうが、こんな出会いを持てる人は幸せですね。20歳ころの私にとっての「立川談志」は誰だったのだろうかと思います。でも、この年齢になってもまだ、そういうチャンスが目の前に現われるかも知れず、アンテナは張っていようと思いました。

danshi01.jpg

新聞記事(一部)。
全文は月間 笑いに生アクセスで読むことができます。

大阪の梅田花月で立川談志の「芝浜」を聴かなければ、いまここにこうして文章を書いてはいなかった。40年以上前の独演会。盆地のような客席、その底、前席から2列目の席。初めて見る洛語家がすぐ前にいた。「夢になるといけねえ」。サゲの後も椅子から動けず、ようようたってなだらか坂を駆け足で上の出□へ向かう。門限を気にしながら、このまま帰るにはあまりに惜しくて振り返った。足が止まった。お客と話し込む高座の談志に、知らないうちに拍手をしていた。やはり立ち去りがたく残っていた数十人のお客がつられて2度目の拍手を一斉に。
生きる意味をくそ真面目に悩む多感な10代、噺と同じ飲んだくれの父親がいたおかげて、「芝浜」のようになればどんなにいいだろうと涙し、その後、談志のずばり本音をさらす大人の姿に、文学書や哲学書からは得られなかった生活の知恵的な何か、おおげさに言えば、ちょっとは楽に生きていける魔法の術を入手したような気がした。(以下略)

HPに続きがありました。

そのあと、ファンレターを書いたら「拝復、貴方を覚えていますヨ」に始まって「噺の中で時折貴方に語りかけたはずです」っていうお手紙が。座っていた位置も把握。「格子の服を着てたでしょ?」「そばにお兄さんがいたでしょ?」
(中略)
文章を書くのが好きだと言ったら「書きゃいいじゃねえか」そうか、そんなことで生きてけるのか疑問だった。単にサラリーマンの家の子として育った身には、自由業で食っていけるなんて思いもしない。初めて文章が新聞にのったとき、週刊誌にのったとき、見せたら、私より喜んでくだすって。なんだ、こんなに喜んでもらえるのだったらもっと早く書けばよかったと驚いたくらい。それから幾星霜、今はこんなことになっていて。
流れ流れてこんなことになってます。

木村万里さんのHP(まりしろ)



イルミネーション(その2)

イルミネーション(その2)


都心に用事があったので、終了後に、またイルミネーションを観に行ってきました。先の記事で行きたいと思っていたところも含めて、足の便が良い近くにまとまっている3ヵ所を廻ってきました。六本木ヒルズ(毛利庭園)、表参道、東京ミッドタウンです。東京は街自体がどこも普段からライトアップしているような瀟洒な感じですが、特に今回行ったところは、有名店の飾り付けも街のイルミネーションに負けないくらい綺麗でした。昔、「渋谷はちょっと苦手」という歌がありましたが、久しぶりの都心でかなりお上りさん状態でしたが、カップルやグループの間を縫って何とか路に迷わずに行ってこられました。

イルミネーションでは、六本木ヒルズ(毛利庭園)や表参道もまとまっていて綺麗でしたが比較的小規模で、再訪した東京ミッドタウンのスターライトガーデンの今年のテーマ(地球の46億年を再現したテーマ=Terra)が、スケールが大きくて一番と感じました。前回と比べるとかなり人出が増え交通整理をしていました。年末にかけてさらに混んでいくと思われます。2回で良い目の保養になりました。

下が今回の写真のスライドショーです。(六本木ヒルズ→表参道→東京ミッドタウンの順)
フォト蔵の大きいサイズのスライドショーはこちらです。



機材や撮影条件は基本的に前回と同じでキヤノンKiss-DNです。
機会があったら、光都東京にも足を運んで見たいとおもいます。(帝都東京のもじり?)

ミッドタウンのイルミネーションパンフレット
midtown.jpg




イルミネーション(その1)

イルミネーション写真(その1)


クリスマスシーズンになって、各地で鮮やかなイルミネーションやライトアップを行っているので、仕事で都心に行った帰りに寄ってみました。場所は六本木にある東京ミッドタウンです。色々なイルミネーションをやっていましたが、奥の庭園で行っていたスターライトガーデンでは、地球誕生からの現在までの流れを20分くらいかけて再現しており、星が流れたり地球が原始の赤から緑、青に変わっていく様子などがダイナミックに表現されていて特に綺麗でした。

下がスライドショーです。フォト蔵にリンクします。
フォト蔵での大きいサイズのスライドショーはこちらです。



仕事に重い三脚は持って行けなったので、キヤノンEOS-Kiss DNとカシオZR-10で手持撮影しました。いずれのカメラも手振れ補正がついているのですが、補正の効果が違うのかデジ1のほうがブレに強く比較的ましでした。ただ1/30sくらのSSではぶれ写真になる確率が高く、三脚の必要性を感じました。

撮影データは
EOS Kiss Digital N
ISO1600
焦点距離17mm、絞り優先F2.8
シャッタ速度は1/30-1/200s位、
露出補正-0.7EV
WB太陽光
三脚なし、です。

東京ミッドタウンイルミネーションのリンクはこちら
そのほかに行って見たいイルミネーションは下のとおりです。
表参道
丸の内
東京ドームシティ





カレンダー

最近の記事
FC2カウンター

最近のコメント
カテゴリー
ツイッター

月別アーカイブ

リンク
プロフィール

Groove

Author:Groove
音楽(クラシックと演歌以外)と、映画、PCの日々。古い話を含め、お気に入りを書いていきます。

ブログ内検索

RSSフィード