These foolish things

音楽を中心に新しいもの、古いものをなどMy Favaritesを。時には映画やWho's Whoなども

女きらいニッポンのミソジニー 上野 千鶴子

上野 千鶴子著「ニッポンのミソジニー」



上野 千鶴子の近刊 ニッポンのミソジニーを読みました。強い衝撃で近頃読んだどんな本よりも圧倒されました。

表紙

最近の上野千鶴子は老いとその生き方をテーマに取り上げている傾向があると思っていましたが、本書では、著者本来のテーマである、ジェンター・フェミニズムを正面から取り上げています。社会学者は本書では「ミソジニー」と、「ホモソーシャル」という用語で性的二元性かなる現代社会のしくみを明快に論じています。

男達が性的関係を含まない集団「ホモソーシャル」を形成してそのなかでの自分達だけの世界を作り上げ、「おぬし、できるな」とお互いに認め合って連帯し、そのなかでランク付けをします。それのグループに意図的に入らないか、脱落せざるを得なかった残りの男や、全ての女達はグループから排除されます。それでも、排除した女達と性的関係を結ばざるを得ないための自己矛盾から、男は「女性嫌悪」に陥ります。一方、女達はある年代から、自分が男である「主体」ではなく、男によって評価を受ける「客体」としての存在である女に属していることを、思い知らされ、「自己嫌悪」に陥ります。

本書の最終部分「ミソジニーは超えられるか」で、上野は「自分自身はミソジニーからは完全に自由だが、周囲の社会がそうでないから社会変革のために闘う人がいるとしたら、フェミニズムはもはや「自己解放の思想」ではなく、「社会変革の」ツールになるだけで、正義の押しつけであろう。ミソジニーはそれを知っている人からしか判定されないためである。」と論じています。私が永年抱えてきた疑問が、これでやっと氷解しました。フェミニズム=ジェンダー論とは男女を問わず自分と正しく認識して、性別やそれに伴って自明とされてきた多くの社会的桎梏から自分を解放していくための武器だったのです。
著者は男に対しても「ミソジニーを超える方法はたったひとつしかない。身体と身体性の支配者=主体者であることを止めることだ。そして身体性につながる性、妊娠、出産、子育てを女の領域と見なすのをやめることだ。」と応援し、方向を示します。

裏表紙


数10年前の高校生時代、精神的な面でも先頭を行っていた級友の女性徒達が、次第に男に媚び、関心を持ってもらうよう変わっていく様をみて、私は卒業文集に「かつて反発したであろう、良妻賢母への道をあきらめて受け入れずにもう一度闘ってみること」という文を書いたことがありました。そのころからのリブ、フェミニズム、ジェンダー論は贖罪の気持ちと共に関心を持って接してきました。

でも、この本は自分でも意識していないか、あるいは考えたくないため無意識に避けていた、自分のなかの深淵にある醜い欲望やミゾジニーを、白日のもとに引き出して見せてくれます。あるいは自分で引き出す手助けをしてくれます。その結果、自分の拠り所としてきたものを捨てる必要が生じるかもしれません。恐ろしい本でした。
私は理系に属していますが、社会科学の本当の凄さに思いしらされました。一回では全貌を理解できませんので、再読して「ミソジニーやホモソーシャル」である、自分の深部まで降りてみたいと考えました。


過去の記事 上野 千鶴子著「学校化社会」へのリンクはこちら



テーマ:読書メモ - ジャンル:本・雑誌


カレンダー

最近の記事
FC2カウンター

最近のコメント
カテゴリー
ツイッター

月別アーカイブ

リンク
プロフィール

Groove

Author:Groove
音楽(クラシックと演歌以外)と、映画、PCの日々。古い話を含め、お気に入りを書いていきます。

ブログ内検索

RSSフィード