These foolish things

音楽を中心に新しいもの、古いものをなどMy Favaritesを。時には映画やWho's Whoなども

沖縄の歌

 沖縄の歌(BEGINなど)

このところ、沖縄に関係したライブなどの番組が続けて放映されたので、録画して繰り返して見ています。前から古謝美佐子、夏川りみ、BEGIN、国仲涼子などなど沖縄出身の歌手を多く聴いてきました。やまとぐちでもイントネーションだけで、故郷に帰ったような懐かしい気持ちになるのですが、うちなーぐちだと、何を言っているかわからない場合でも、何故か、心が満たされ開放されます。

オジー自慢のオリオンビール  夏川りみ「ライブ」

通勤の電車のなかではCDの「BEGINシングル大全集」を聴いて過ごし、帰ると「うたの日フェスティバル」の2008年番や2009年版、最近放映された「サマーピクニック in つま恋」や、「シングル大全集DVD」などをみて過ごします。BEGINでは、定番の「島人の宝」,「涙そうそう」なども良いですが、「オジー自慢のオリオンビール」や「ボトル二本とチョコレート」なども大好きになりました。沖縄の会場だとアップテンポの曲では三線のリズムに合わせて全員がカチャーシーを自然に踊りだしますが、音楽に合わせて体が独りでに動く感覚が少ない、本土の人間には羨ましい光景です。



オジー自慢のオリオンビール 歌詞(一部)
三ツ星かざして高々とビールに託したウチナーの
夢と飲むから美味しいさオジー自慢のオリオンビール

どんな映画を見に行くよりもオジーと飲んで話したい
不景気続きでちゃ一ならん内地で仕事を探そうかね
金がないなら海にが行くさ魚があれは生きられる
なんくるないさやってみれ働くからこそ休まれる
戦後復帰を迎えた頃はみんなおんなじ夢を見た
夢は色々ある方が良い夢の数だけあっり乾杯


ボトル二本とチョコレート 歌詞(一部)
Tシャツもワイシャツもここに座れぱ意味がない
久しふりに笑ったな俺らおんなじ話で何年笑うだろう
高く乾杯低く乾杯注げよ気持ちの分だけグラスに
全部飲んで振り出しだ

みんな仕事を持って家庭を持って責任しょって生きている
だから意地張るなって気使うなって
それでも俺たちがんぱって行こうか

はいさいCalfornia  夢音楽館2003

サマーピクニックでは夏川りみさんがうちなーぐちのアカペラで歌った「AMAZING GRACE」が圧巻でした。一瞬で観客の心を鷲づかみしていました。こうしてみると、鳩間加奈子さんはじめ,BEGIN,夏川りみさんなど、石垣島など八重山出身の人が多いですね。八重山の島々に色濃く沖縄の歌心が残っているのでしょうか。八重山地方には沖縄の交通が右側通行から左側通行に変わる時代に数回訪れたことがあります。ずいぶんと変わったでしょうが、何時か島歌を聞きに再訪してみたいものです。

 


[Read More...]

テーマ:音楽のある生活 - ジャンル:音楽

最近読んだ本

最近読んだ本など

朝日ジャーナル(臨時増刊) 

20090430.jpg   19680616.jpg


赤瀬川原平「櫻画報」のアカイ・アカイ・アサヒ・アサヒ事件による休刊以降、変節を感じて、当時時々買っていた朝日ジャーナルが久しぶりに復刊したので買ってみました。論壇誌などを読まなくなって永くなりますので読み辛かったのですが、なんとか読み終えました。個々にはある程度、興味深い記事もあったのですが、不思議な違和感は拭いきれませんでした。当時、何れの立ち位置に存在するにせよ、将来が見通せない状況で、自分の考えを整理するための道標として、ある程度役目を果たしていた論壇誌ですが、無邪気に明るい未来を期待できなくなった時代には、存在意味が薄れてきたのでしょうか。昔会社の研修で教えられたプロダクト・ポートフォーリオ風に言えば当時は問題児だった論壇誌にとって時代の状況が花形→金のなる木→負け犬になった、とでも言えるのでしょうか。(このマネジメント研修も。ふーん、自分とは無関係の世界、という思いで違和感がありました)。朝日ジャーナルも他の論壇誌も、街頭に出かけていたときには、読む時間も意欲もなく、寺山修司風に言えば「書を捨てよ。街にでよう」、という感じした。それにしても朝日新聞には、無知蒙昧な下々の輩を啓蒙して上げるという、「上から目線」を感じてしまいます。

ダ・ヴィンチ9月号/星守る犬

ダヴィンチ 

ダ・ヴィンチ9月号の巻頭で「絶対はずさないプラチナ本」として紹介されていたので、(コミックはほとんどそうらいしいのですが、ビニールに包まれていて、立ち読みできないので)買ってみました。リストラされ、家族からも見放され、犬を道連れに彷徨して倒れるおじさんの話ですが、ど真ん中ではありませんでしたが、後日談で少し救われました。パーマネント野ばら のように、カンラカンラと不遇も笑って生きるほうに、共感とを覚えます。同誌では別の特集の銀河鉄道999(私にとってのビルディングスロマンの傑作)の方に関心が向きました。(それはまた後日)。


[Read More...]

カレンダー

最近の記事
FC2カウンター

最近のコメント
カテゴリー
ツイッター

月別アーカイブ

リンク
プロフィール

Groove

Author:Groove
音楽(クラシックと演歌以外)と、映画、PCの日々。古い話を含め、お気に入りを書いていきます。

ブログ内検索

RSSフィード