These foolish things

音楽を中心に新しいもの、古いものをなどMy Favaritesを。時には映画やWho's Whoなども

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ありぶれた奇跡(3)

ありふれた奇跡(3)

最終回(第11回)が、終わってしまいました。
中条家、田崎家の人々、藤本さん、警官の権藤さんなど、それぞれの人の心の機微が十分に描かれていました。そんなに人は急に変われるものではない。でも他人と関ろうとすることで、自分でも意識せずにゆっくりとでも人は変わることができるのだということを、このドラマから教わったような気がします。

003_20090322220159.jpg   005.jpg

主人公の翔太と加奈。過去に傷を負ってそれを隠しながら、外見は普通に見えるようにやっとのことで振舞ってきた二人が、藤本さんの自殺を止めたことで偶然に知り合ってから、お互いに惹かれながら、自分の抱えている問題に相手を巻き込みたくないと、気配りをするあまり、かえって家族を巻き込んでうまく行かなくなっていきます。最後も自分たちのためではなく(というところが翔太らしいのですが)、神戸さん(単身で紋別から出稼ぎに来ている無口な職人さん=ちりとてちんのお父さん役の松重さん好演)のために、引きこもりだった翔太が、いつも頭ごなしに他人を押さえつけるおじいちゃんが「他人は信用しない。それが俺の人生だ」と言ったのに対して、「それじゃ、ずっと一人じゃないか、だれかに心を開くことがないじゃないか」と初めて本気で反抗します。
翔太をここまで変えたのは加奈との関りがあったからです。お互いに相手が自分で認識していない長所を理解して、それぞれ伝えることで変わっていき、自分は相手にとって必要な存在だ、自分は生きている価値があるのだと徐々に認識していくことができたのです。

戦災孤児から一人で事業をたたき上げたじいちゃんは、家族以外の他人は信用しない、おまけにお嫁さんのお尻をさわるという、セクハラ癖を持つとんでもない人物ですが、それでもあの年齢で変わることが出来たのは完全に変われない人はいない。だれでも少しは柔らかい心が残っていて、それを翔太が目覚めさせたのだと言いたかったのかと思います。

004_20090322220216.jpg  002_20090322220142.jpg

翔太の父重雄(風間杜夫さん)と母律子(キムラ緑子さん)の夫婦は結果として二人ともじいちゃんから逃げ出したり、追い出されてして狭いアパートでもとの鞘に納まるのですが、父ちゃんは浮気をして出ていった元妻を咎めるでもなく、お互いに本音をぶつけあって楽しそうでうらやまい光景でした。あれではじいちゃんが本当は自分が寂しいのを隠して「ケンカをして直ぐに戻ってくる」と強がりをいっても、二人が出ていった理由が自分だと理解できないうちは戻らないでしょう。

最終回の加奈の母桂がアパートを訪ねたときの母親二人の対面の場面とセリフは見事でした。
翔太なんかで手を打たないで金持ちのどら息子でも見つけたほうがいいんじゃない。」、「いいとこの人は怒らせないとあいさつばっかりしているから」、とか「ハチャメチャに生きようとしたけど、気がついたら元亭主と暮らしている」、と律子に言われ、本音を引き出される桂。これまでかぶってきた仮面を捨てて人と向き合うことができた名シーンだと思いました。後の家族同士の対面時に「いい奥様だわ」と称えます。

001_20090322220120.jpg 

「悲しいことには、きっといいことが付いてくる」
第1回から最終回まで至福の時間を持つことができました。

 


スポンサーサイト

テーマ:ありふれた奇跡 - ジャンル:テレビ・ラジオ

ありふれた奇跡(2)

ありふれた奇跡(2)

オープニング  

翔太が加奈から子供が産めないことを告白されてから、物語は両家族をはさんでさらに大きく混迷しています。翔太が加奈の告白を内容を隠し、かばって「結婚しても子供を持つつもりはない」と、中城家に行って祖母の静江に話したことで、中条家の家族が翔太が「種無し」と疑って、暴言を浴びせます。加奈の父朋也が、翔太の触れられたくない過去の傷をこれでもかと浴びせかけて罵倒し攻撃しますが、翔太はやっとの思いで耐えました。あんたは人格を否定して徹底的に攻撃する資格があるほどの立派な人間か問いたくなりますが、こんな人はちょくちょくいるのでしょうね。

中条家と田崎家は住まいも山の手と下町、職業も大きな会社の役職者と自営業とまるで異なっています。主人公の同士は、お互いを大切に想うあまりうまく立ち回りができず遠回りしてしまう、不器用だが偽りのない性格なのですが、両方の家族、特に中条家の人々は戦争での焼け残った旧家で、これまで大きな挫折をしたことがないためか、他人の身になって考えることができません。朋也は、子供が産めないのは加奈が原因とわかってからも、謝ることに躊躇します。祖母の静江は、孫が正面切って反発しないことをいいことに、加奈の部屋に勝手に入って机の引き出しをあけたり、ベットの下を覗いたり、おっとりした仮面の下で身勝手な振る舞いをし、はては「ごめんなさい、孫はやれません。」とは、犬の仔をやりとりするように、独断で四郎に断ります。まだ、母親の桂のほうが、自分のことで精一杯なだけまだましに見えます。

歩道橋の上で あの子を手放すな

これに対し、田崎家父の重雄は自分は、「あのうるさい父ちゃんから逃げさなかった」と言って、翔太に「子供が産めなくても、あの子を手放すなよ。あきらめるなよ。大丈夫jと励まします。いい父ちゃんで好感度アップです。
四郎
も自分の血を引く子孫がほしくて、加奈に「私の気持ちは変わらない、すまない。」と断りますが、それでも「これは私の気持ちだ。翔太じゃない。」と、逃げ道を残すやさしさを持っています。

このような違いは境遇のほか、家の構造の違いからも影響されるのではないかと思います。中条家は立派な門構えをもつ邸宅ですが、それぞれ自分の部屋にこもれば一人ぼっちになるのに対し、田崎家は日本の古くからのしもたや造りで、いつも家族が濃密に顔を合わせざるえない間取りで、必然的にお互いの気持ちの理解が進みやすいのでしょう。
浮気をして家を出ていった翔太の母の律子(ちりとてちんで仏壇屋を好演したキムラ緑子さん)を咎めるでもなく、つかず離れずの関係を保っているあたり、いい人たち、いい家族です。

このドラマでは、登場人物が、みんなステレオタイプでない人に描かれています。週によって好い人にみえたり、逆に酷い言い方をしたりしてなかなか、「なるほど、この人はこういう性格なのか」と理解するのが難しいドラマですが、それも作者の意図したことなのだと思います。あと3話、やさしくて、人を傷つけるならいっそ自分が傷つくという二人が、ハッピーエントになれるよう、山田先生に期待です。

  残念でたまらない  ぼくらの時代

「若いのがたよりないのは、あたりまえじゃないですか」
「欠点のないやつなんていませんよ。いたら、インチキですよ」


テーマ:ありふれた奇跡 - ジャンル:テレビ・ラジオ


カレンダー

最近の記事
FC2カウンター

最近のコメント
カテゴリー
ツイッター

月別アーカイブ

リンク
プロフィール

Groove

Author:Groove
音楽(クラシックと演歌以外)と、映画、PCの日々。古い話を含め、お気に入りを書いていきます。

ブログ内検索

RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。