These foolish things

音楽を中心に新しいもの、古いものをなどMy Favaritesを。時には映画やWho's Whoなども

ただ、過ぎに過ぎるもの

ただ、過ぎに過ぎるもの

年末になり、新聞やTVなどで今年鬼籍に入った人々のリストや追悼文を掲載しています。没した年齢が私以下の方も増えており、それらの記事に思わず引き付けられて、自分の来し方、行く末に思いを致してしまいます。何年か何十年か過ぎると、極一部の名声を得た人を除き人々の記憶から消え去って、存在しなかったことになって本当に消えてしまいます。市井に生き、無名のまま亡くなった人々はなおさらです。下は、せめて私だけでも、覚えておきたい、と思った人々のリストです。


20081230g.jpg  20081230e.jpg

  • 樺 美智子
  • 山崎 博昭
  • 奥 浩平
  • 斉藤 竜鳳
  • 高橋 和巳
  • 竹中 労
  • 鴨志田 譲

無頼の人が多いです。しがらみにがんじがらめになって生きていると、不可能と分かっていても無頼の日々に憧れます。


枕草子の中に「ただ、過ぎに過ぎるもの。帆かけ舟 人の齢 春、夏、秋、冬。」という、一文がありますが、年齢を重ねるにつれ、年をとるスピートが速くなるを感じるのは千年前から変わらないようです。私が学生時代の永遠に時間の止まったような夏休み(たとえば、アニメ「タッチ」の白い夏の日々)に永い間惹かれているのも、この流れを一瞬でも忘れさせてくれる気がするためかも知れません。
(枕草子は「ゆくすえはるかなるもの 産まれたるちごの大人になるほど」の文章も気に入っており、清少納言と比較するのもおこがましいですが、感じかたが近いのかも知れません。)

気に入った文章

東 君平 おはよう童話

「らいねんも、おどれるかどうか、わからないからねえ」なつから、なつまでは、ながくて、いろいろなことかあります。ばんおどりの、わのなかに、きょねんと、おなじかおがそろえば、なによりです。」


なぜ、夏休みは終わってしまうのか
大林 宣彦(2001.08.28 朝日新聞)

何かが終わっていくのは、さびしいしかなしい。その哀切を感じる心は、人生歳を経るほどに増してくる、と考えられるが、じつはぼくはそうでもないのではないか、と思う。子どもの頃の方が、もっとさびしかったし、もっとかなしかった。たとえば、日曜日の真昼、ぼくは縁側に寝そべっている。友だちは、いま頃どこで、何をして遊んでいるのだろう?出かけて行って仲間に加われば、いつも通りの日曜日にすぐさまなるのに、きょうはなぜだか、ぼくはひとりで、此所にいる。何度か繰り返し読んだ本の頁を、いまからもう一度めくっていけば、間違いなく日は暮れる。ぼくは何かに取り残されていく。吸い込まれるような青い空を見つめながら、
子どもの頃のぼくは、えもいわれぬものくるおしさに、身もだえしていた。
(中略)
同じ日曜日が二度とこないように`同じ夏休みはもう二度とやってこない。そのことをいちばんよく知ってぃるのは、子どもたちだ。子どもはどんどん成長していく。夏休みが終わって学校へ行くと、先生も、教室の机も、運動場も、まるで見知らぬもののように小さくなっている。そこは未知の世界だ。未知の世界に向かって一歩を踏み出すのは恐ろしい。だから彼らは、いつも世界に向かっで緊張している。これが大人になれば、ひと夏の前も後もそんなに変わりはない,さびしさやかなしさを忘れ、生きる意味さえも失っていく。


[Read More...]

BC級映画の日々

BC級映画の日々


平日、休日とも映画館に足を運ぶ時間はほとんど取れないので、映画視聴はほとんどレンタル屋さんのお世話になっております。そんなわけで、今年観た映画はこれまでにレビューした以外に10本以上ありますが、大部分07年度以前の旧作です。そのなかで外れてしまった映画、あるいはエンターテインメントとして割り切って借りてきた映画も含めBC級と思った映画のリストです。


お気に入り(A級)の評価で良かった映画は既出分および下記リスト以外に、包帯クラブカナリアフラガールなど。これらは後日記事にする予定です。

 

題名コメント・感想評価

(5点満点)
 
上野樹里さん関係
サマータイム・マシン・ブルース真夏の学生サークルで壊れてしまったエアコンのリモコンを手にいれるべく、突然現れたタイムマシンにのって過去と現在を往復する。真夏のむっとする暑さに時間が止まってしまう学生たちの日々、売りだし中の瑛太も出ていたりして楽しめた。3タイムマシン 
亀は以外と速く泳ぐ普通の主婦がスパイに応じたら、目立たないよう日常生活を送ることという条件で採用されたスズメの物語。ありえない話ですが、日常に潜むもうひとつの非日常を描いていた。上野樹里、蒼井憂も上手でした。娯楽映画としても上出来。3亀 
笑う大天使

(ミカエル)

お嬢様学校に入学した庶民生徒(上野樹里演じる司城史緒初め3人)が、最後は学園に進入する悪と戦うという映画。CG画面が駆使されていたが、何をいいたいのかわからかった。エンタテイメントとしても楽しめない。

1.5大天使 
その他

転校生

-さよならあなたー


新尾道三部作の一つ。主演の蓮佛美沙子などの熱演はあったのだが、前作とはストーリーが大幅に変わって片方が不治の病で亡くなる。ラストシーンは良かったが、主演の二人が一緒に寝てしまったり、自分のからだを見たいと言って胸をつかんだり、はだかのシーンが多すぎ。新尾道三部作の一つ「あの、夏の日とんでろじいちゃん」でもそんなシーンが少しあった。あの映画は芳香が漂っていた。残念ながら大林監督老いたり。
1転校生 
リアル鬼ごっこ全国の佐藤さんが、王によって7日間鬼ごっこをさせられて、逃げ切れないと殺されてしまうというお話。視聴を挫折しそうになったが、途中から少し見られるようになったため最後までやっと見た。1

鬼 
魍魎の匣ミステリー原作らしいが、途中で視聴をあきらめた。私が向いていないのか、構成がダルなのか。映画だったら、原作を知らない人でも興味を持つよう、つかみを入れなくちゃね。-1

魍魎 



カレンダー

最近の記事
FC2カウンター

最近のコメント
カテゴリー
ツイッター

月別アーカイブ

リンク
プロフィール

Groove

Author:Groove
音楽(クラシックと演歌以外)と、映画、PCの日々。古い話を含め、お気に入りを書いていきます。

ブログ内検索

RSSフィード