These foolish things

音楽を中心に新しいもの、古いものをなどMy Favaritesを。時には映画やWho's Whoなども

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スクラップブックより

スクラップブックより(4)

下の引用は最近の新聞記事ですが、これを読んだ時、自分の子供時代の記憶と重なリました私の子供時代は、高度成長の前で戦争の爪跡がまだ色濃く残っおり、遊び場といえば、田畑、原っぱのほか、戦争で焼けた建物の残骸や防空壕のなかなどで、色々な年の子供達が一緒に遊んでいました。舗装していない道は幹線道路でも自動車は通らず、ときおり荷を引いた馬が馬糞を落としながら通るくらいのものでした。
18歳で出奔してから、故郷には帰らず、今日も、大都会の中を「天然コケッコー」のそよちゃんのように人あたりもせず、毎日満員電車で通勤しています。田舎では、父母や実家は既になく、周りの景色も全く変わってしまいました。友達も少しずつ黄泉の国に旅立ち始めています。生活のために、世間知の鎧をかぶったまま、結局、故郷に帰ることはなく、この都会のどこかで朽ち果てていくのでしょう。

「檸檬のころ」、「リンダリンダリンダ」、あるいは「天然コケッコー」などに惹かれるのも、天衣無縫に生きられたころに無意識に憧れがあるせいかもしれません。

追憶
(2008.11.26 毎日新聞 女の気持ち=投書欄)

母の七回忌の法要があった。随分長いこと実家には帰らなかった。見慣れない新しい家が一つ二つ建っていたけれど、美しい山並み、田んぼ、風たちは、私を優しく迎えてくれた。母の墓前に手を合わせていると、姉が「H君、ここに眠っているの」と、隣のお墓を見ながら言った。

彼の訃報は1月の寒いころ聞いた。「あー、死んでしまったのか」。彼との思い出が私の頭の中を駆け巡った。彼とは幼なじみだった。毎日一緒に遊んだ。おてんばな私とわんぱくな彼。私たちはとても気が合った。毎日朝から晩まで野山を駆け回った。クタクタに疲れ果て、どろんこになって遊びほうけた。
あれから長いこと、私は平凡に年を重ねてしまった。知らず知らず普通に生きるための常識を身につけ、丸くてちっちゃな大人になってしまった。ハイヒールも上手にはきこなし、すっかり都会の景色にも溶け込む人になってしまった。ほおづえをついて喫茶店でコーヒーなんか飲んだりしていると、生まれた時からこんなおしゃれな暮らしをしていたんだなんて思い込んだりしてしまう。
「私は実は天衣無縫のどうしようもないおてんば娘で、しかも田舎もんだったんだね」。彼の墓前で昔のはつらつとした自分の姿を思い出してしまった。
「ありがとう、さようなら」私は子どもの声でささやきたかった。

福島市   永塚美智子主婦・55歳

最近の電車のなかでは、石黒ケイ「ライブセレクション」を聞いています。アルバム収録よりも迫ってくる感じでずっと良い。なかでも、本牧挽歌や浅川マキのカバー「ジンハウスブルース」はよかった。「大砂塵」や「ガソリンアレイ」なども聴いてみたいものです。

live selection 

石黒ケイ公式サイト
http://www.dc-forte.co.jp/kei/top.htm


スポンサーサイト

天然コケッコー(2)

天然コケッコー(2)


初回版2枚組DVDのうちのメイキングDVDをみたり、ノベライズ本を読んだりしています。
本編では気がつかなかったことや、意味が分からなかった点が分かったりして、より理解が深まり海興味深いです。主役の小中学生を始め、それぞれの登場人物の性格や微妙な心のゆれなどもしっかり描かれていると思いました。 ただ、本編だけでは細かく理解できなかった私がにぶいだけなのでしょう。

001.jpg 

広海
都会を引きずっていたが、次第に学校と村に打ち解けて行きます。
ぶっきらぼうだが、芯はやさしい。
そよに対して、海からの帰り道二人きりになるよう誘い、その途中の過去の自殺現場を通るとき、さりげなくそよを遠さける、また、祭りで下級生や弟が、そよと先輩の郵便局員しげちゃんに気を使って先に帰ってしまい、そよが泣き出したシーン(何テイクもとったようですが、友達に置いていかれ、気のないしげちゃんと二人にされた寂しさが画面からにじみ出ていて、良い場面でした。)では、だまってぬいぐるみを渡して慰めます。
バレンタインのプレゼントでも「いろいろあったんだろうなと。なんとなく」と詳細は分からなくてもそのまま認めてあげます。坊主なるのがいやで地元の学校でなく、東京に戻って高校に進学することを考えていたが、そのの言葉で同じ高校に通うことにして、猛勉強して合格する。など、
男性の理想像として描いているように思いました。

002.jpg 

そよ
家族や学校の仲間、村がまず一番大好きで、次の順番で広海のことも気になっていると思っていましたが、少し違っていたようです。
早知子のおもらしの後始末も、心のなかでは少し面倒だと思っていたこと、東京みやげを伊吹と篤子に買う時も、デリカシーなく色黒やくせ毛なおしの化粧品を選んでしまい、広海に指摘されてしまいます。(広海はあの二人なら、気にしないで受け取ってくれるから大丈夫と、より深くみんなの性格を理解していました。)
広海との関係も、最初に青い広海のコートが欲しくなったのもコート自体とともに、自覚がないまま広海を好きになっていたためであること、(もらった後で「あんたの匂いがする」と嬉そうでした。)、その後は広海の彼女と自覚するようになるのですが、映画を最初に観たときは、ボタン付けシーンなどがあってもそこまでの気持ちとは思いませんでした。

003.jpg 


下級生の二人。
伊吹は、そよと広海の仲が、微妙に変わっていることに気がつかず、しげちゃんの気持ちを察して、そよとの仲を取り持とうとうとします。祭りの帰りのトラックの上で、広海の母親の言葉からようやくしげちゃん-そよ-広海の三角関係に気づきます。
篤子も、広海に似た主人公のマンガを描いて投稿していることからわかるように、広海のことが気になりだしています。でも「私の名前もまだおぼえてちゃおらんよ」と言って、広海の気持ちが自分でなく、そよにあることを認識して一歩引いてしまいます。
また、バレンタインで広海にチョコを上げる場面でも、そよの弟の浩太朗に気をつかって二人に同じような立派な手作りチョコをプレゼントします。(一方、そよは同じようにしようとして、二人に対してパイプチョコになってしまいます)。この二人は人間関係の理解は、天然のそよに比べて、少し大人だと感じました。(とここまで書いて自分でもようやく複雑な関係が少し理解ができました。中学生のそよかそれ以下ですな。)

浩太朗
上も下も女性徒ばかりの学校で、都会から同性の上級生がきたため、うれしくて兄のように思い、あこがれて服装やら髪形をまねしようと思って、少年から青年の入り口に向け、次第に変わりつつあります。

004.jpg 
ノベライスが原作や脚本、映画の監督の意図と全く同じとは限らないとは思いますが、解説によって、ようやく細やかな人間関係まで理解できました。


天然コケッコー(1)

天然コケッコー(1)

リンダリンダリンダ」の山下監督作品で、「うた魂♪」の夏帆さんが主演というつながりで見たこの映画、高校生が主役の映画は、けっこう見ているのでが、中学生が主役で大丈夫かと、見る前は思っていましたが、みてびっくり、圧倒されてしまいました。

お話は島根の田舎の小学校と中学校が一緒になっている、全校生徒が6人しかいない学校に、親の都合で転校して中学2年生が入ってから、卒業までの1年余りを描いているのですが、風景も人の心も幻のように美しい情景でした。

村の風景  そよちゃん1

夏帆さん演じる主人公右田そよ(そよ、なんてそよ風みたいで名前からして、現実にない夢のような名前です。)は生徒のなかで、最年長の中学2年生で、中学生から小学生まで下級生全員をいつも気にかけています。特に小学1年生の早知子に対しては親でもできないように、いつもやさしく接し、お漏らしした時でも後始末も、平気でしてあげます。少し前の新聞に「うんちがこわくて先生ができるか」という、記事がありましたが、そよのつめの垢でも煎じて飲ませたいですね。早知子も十分わかっており、そよがトイレを我慢させて病気になっても、自己嫌悪に陥って見舞いに行ったそよにしがみついて「そよちゃん」と甘えます。名シーンでした。

そよちゃん2  風の音を聞きながら海へ

また、弟のこともいつも気にして、毎年バレンタインにはプレゼントを上げたりしています。気になる同級生ができてプレゼントをする時も、まず、弟がプレゼントの内容で惨めにならないようのと、先に弟のことを気にしてしまいます。あまり深く考えないで発言してしまうご愛嬌なところもありますが、そよに近い、こんな中学生ってほんとにいるのでしょうか。

海辺にて  つくし

映画では、春夏秋冬にわたるそれぞれの季節での田舎の風景と、それに合わせて暮らしている人々の情景が美しく描かれていました。ところどころにある、無人の風景が、その風景のなかにいる人々の存在を感じさせ、まるでリンダリンダリンダでの、雨の学園祭での無人の校庭や昇降口のシーンのようでした。
子供たちだけでさそいあって海に遊びに行くシーンも、現代ではありえないおとぎ話のような、光景でした
。(私の子供のころも、家から少し行くと人も通らない田と森の間の道がかなたまで、ずっと続いていましが、いまでは、どこでもある商店と住宅の混在したありふれた街になってしまいました。)


女優の、自分でもまだ自覚していない一人前になる直前の輝くある一瞬を見事にすくい取った映画だと思いました。映画の内容はまるで違いますが、ちょうど「カナリア」での谷村美月さんの、壮絶な演技(あれも大阪弁、この映画は関西弁でした。)と重なりました。

(次回につづく) 追記部分にブログパーツあります。


[Read More...]

テーマ:日本映画 - ジャンル:映画

うた魂♪(2)

映画「うた魂♪」(2)


うた魂♪のDVDから合唱の部分の音楽を抽出して、携帯プレーヤーで通勤の電車のなかで聞いています。帰宅途中で聞いていると、音楽からそれぞれのシーンが思い出されて「あなたに」などでは目頭が熱くなってきます。電車のなかで涙がでるのはちりとてちんのワンセグ録画以来でした。

勢いで2枚組初回版のDVDを入手してしまいました。メイキング画像などのなかでも、合唱フル・バージョンが良かったですね。この映画で久しぶりに合唱を堪能しました。

UTATAMA22.jpg UTATAMA23.jpg

かつて、混声合唱をやっていたころ、音は外れるはリズムはとれないはで、お世辞にも上手とは言えないレベルでしたので、あるレベル以上になると上手下手は判断がつきませんが、映画のコーラスは、道代表レベルまでとは感じられませんでした。でも、最初は指導者がどうしようとかと思うほどだった出演者達は一生懸命練習して、ある時からギアチェンジしたように、一定のレベルに達したと思います。

それよりフニクラ事件から、ずっと主人公を嫌いだったライバルに、「一生懸命になれることがあるって、すごいじゃん」と言わしめた一言がこの映画のテーマだったのかと思います。素人からの上達を描いた「スウィングガールズ」などと違い、全国大会常連高という設定は、出演者にはプレッシャーだったでしょうね。

UTATAMA25.jpg  UTATAMA21.jpg


私の合唱部時代は都道府県代表どころか、市代表にもなれませんでした。練習よりもその前後に好きな曲を歌っている時が楽しかったですね。パート分けした難易の高い曲よりも、ユニゾンで歌える曲を音楽室だけでなく、通学バスのなかや、はては中心の繁華街でも大声で歌っていました。
今覚えている曲では、佐藤春夫作詞の「秋の女(おみな)よ」、(これはれっきとした合唱曲です)のほか、ラ・ビア、北上夜曲、桜貝の歌、こいさんのラブコール、硝子のジョニー、北帰行などでした。もう知っている人はいない曲ばかりですが、流行歌も多いです。都道府県の大会常連高では決して歌わないでしょう。




ラ・ノビア

美空ひばりの歌のうまさは別格だと思います。



[Read More...]

カレンダー

最近の記事
FC2カウンター

最近のコメント
カテゴリー
ツイッター

月別アーカイブ

リンク
プロフィール

Groove

Author:Groove
音楽(クラシックと演歌以外)と、映画、PCの日々。古い話を含め、お気に入りを書いていきます。

ブログ内検索

RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。