These foolish things

音楽を中心に新しいもの、古いものをなどMy Favaritesを。時には映画やWho's Whoなども

ジャニス・ジョプリンとウェスト・コーストサウンド

ウェスト・コーストサウンド
ジャニス・ジョプリン

1972年当時、創刊されたばかりの雑誌ぴあ(まだ20Pくらいのペラペラだった)の無料試写会に色々応募して当選しのでこの映画をたまたま見に行きました。いまでは映画館の場所もはっきりしません。

内容はバンドの演奏のほかに、フィルモア・ウエストが閉鎖されるきっかけとなった、ビル・グレアムとミュージシャンのやりとりが時間をかけて描かれていたようですが、その部分はあまり覚えておらず、それよりも聞いたことのない、ウエスト・コーストサウンドが気になってしまいました。

そこでとりあえず、LP「サウンドサンプラー・ウエストコーストサウンド」を購入。
sampler.jpg

サンタナ(後でインド音楽に傾注した)
ニューライダー・オブ・ザ・パープル・セイジ
イッツ・ア・ビューティフル・デイ
ボズ・スキャッグス
ジャニス・ジョプリン
ザ・バーズ
ケニー・ロギンスとジム・メッシーナなどが出ていました。

ウエスト・コーストサウンド全体に気にいったのですが、特に注目したのがジャニス・ジョプリンでした。このアルバムでは一曲だけ、Jazzの名曲サマー・タイムを歌っていたのですが、これがしわがれた潰れきった声でも、また、言葉がわからなくても圧倒的に訴える力にあふれており、ファンになりました。保守的なテキサス州から、当時ピッピー・ムーブメントが盛んだったサンフランシスコに来ても、精神的な満足感は得られず、折り合いがつけられないまま、ドラック中毒であっさりと死んでしまいました。テキサスはメキシコと境を接するカウボーイの国で一度行ったことがありますが、マッチョな男だけが人間だといった感じで、自分を表現したい女性には住みづらかったことと思います。
janis3.jpg


その後、ザ・バンドとこのバンドの曲を使った映画「イージー・ライダー」でまた、アメリカの中のカウンターカルシャー(サブカルチャー)と草の根保守(イージー・ライダー=気楽なオートバイ乗りは、髪の毛が長いのが気に入らない農民から銃で撃ち殺されます。)の相克、というかアメリカの差別の闇の根の深さを感じました。
easyrider.jpg

.ジャニスが今の世の中に生きていたら、どうだったろうかと考えます。当時(ヒップとスクエアなどと言う言葉が生きていた、フラワーチルドレンがいた時代)でも生きるのが難しかった彼女は、今の時代を見ないほうが幸せだったのかも知れません。


ちりとてちん(4)

ちりとてちん(4)

本ブログは、ブログの名前「These Floolish Things」にもあるように、お気に入りを少しずつ思い出しながらゆっくり綴っていくつもりで始めましたので、まだ終了していないドラマは、取り上げない予定でしたが、毎週、1時間半の中で起承転結があって完結しているとも言える「ちりとてちん」は例外で、書かずにはおれず、これで4回目の登場です。

先週の第19週放映分の最後の地獄八景の一門稽古の後、ひさしぶりに外泊できた師匠が、草若弟子の会の前日(3/31の設定)に弟子達と食卓を囲むシーンでは、たぶんこのような時間は2度とこないであろう事を、苦楽を共にしてきた師弟とも認識しており、貴重な時間を過ごしていました。(食事のシーンは、みなさん素のようにも見えました。)。そして本第20週は草若師匠が亡くなるという、師匠がらみのストーリーとしては、高座復活以来か、それ以上に重要な内容の週で、草若弟子の会当日(4/1)のシーンがやはり、クライマックスでした。 (以上、まくら風)



  tiritote50.jpg tiritote52.jpg 

創作落語について、若狭は重病の師匠と何回も約束をしながら、現実にはまったく筆が進みません。それに対して、草々は、意外にも師匠が若狭に助けられていたことを「師匠の方が、お前が居てくれたらええなって…思いはったんかも分かれへん。ほんまは高座に戻りとうてしゃーない。もう一辺落語やりとうてしゃーなかったんとちゃうかなぁ。こんなけったいな落語の世界から飛び出して来たような子が、いつか自分を高座に引きずりあげてくれるんやないかて師匠自身も気ぃ付きはらへん、心のずっと奥のほうそない感じてはったんと違うかなぁ。」と気がつきます。恐竜草々も若狭を理解しようとして、ずっと努力をしてきた結果、師匠の本当の気持ちにも気がつくまで成長したのでしょう。

tiritote51.jpg tiritote49.jpg

草原兄さんは、楽屋に草若危篤の知らせが入り動揺した小草若を、「小草若。お前がほんまに師匠のとこ行きたい言うんやったら俺がお前の分の高座務めたる。けどな、ほんまにそれでええのんか?師匠が身削って稽古つけてくれた地獄八景、高座にかけへんままでほんまにええのんか?」と諭します。さらに草原にいさんは高座にあがる直前の若狭にも「師匠が入院してはることはお客さんかて知ってはる。けど絶対にそのことを思い出させるな。師匠の事を心配しながら演じてるてわかったらお客さん笑えんようになる。そやから絶対に悟られるな。」と教えます。師匠に「草原、前が居てくれて、ほんま助かった。」と言わしめた、一番弟子として師匠の代わりを立派に努めて、弟弟子たちをまとめており、強い意思にオーラが感じられました。実際の自分の師匠の場合とだぶって、感慨無量だったでしょう。

tiritote45.jpg tiritote47.jpg

  
小草若は草原にいさんの諫言があっても、まだ師匠に会いに行こうとしますが、楽屋入り口の徒然亭の紋ののれんをくぐって出ていけません。たった1切れの布の暖簾は楽屋の中と外を区切る結界のようで、伝統の一門であることの責任の重さを象徴するのれんを、越えて外界に出ることができませんでした。その後、高座ではそぶりも見せないで、見事な落語を演じていました。父の草若師匠から、「自分にないものを出そうとするな。」とコピーでなくても良いと言われた意味が判ってきたのでしょう。抱えていた重圧から少しでも立ち直って、これから父の名跡をついで欲しいと念じました。

若狭も「私かて、もっと師匠に教えてもらいたいんです。兄さん等だけ、ずるい。ずるい、ずるい、ずるい」と言って直前まで相変わらずだったり、楽屋では師匠危篤の知らせで涙を流していたにもかかわらず、土壇場の正念場ではきりっと締まって、お客さんの前ではしっかりと創作落語を演じていました。また少し成長しましたね。なんとなく漫談風で、内容も自分自身の来し方でした。「だれでも自叙伝で一回は小説が書ける」とも言いますし、次の創作落語の内容が少し心配です。

 tiritote53.jpg tiritote41.jpg

そして、天狗座の楽屋て、終演後、挨拶に行こうとする若狭に、病院で危篤で、いるはずのない師匠が声を掛ける(ように感じる)シーンが、一番心に残りました。暖簾をくぐろうとして、ふと振り返ると暗い部屋に師匠の姿はなく、師匠の羽織が掛かっているだけでした。いつもの妄想か、あるいは幻を見たのかの詮索は、この際不要で、師弟の深い絆を現していて、涙がとまない名場面でした。最後の挨拶も全員立派にこなしていて、様式美の見事なシーンでした。

師匠のいない来週から、しばらく放心状態となりそうです。


[Read More...]

テーマ:ちりとてちん - ジャンル:テレビ・ラジオ

高中 正義

高中 正義

80-90年代、4ビートのジャズに加えて、当時盛んだったフュージョンのレコードをかなり多く購入していました。フュージョン関係は、カシオペア、ネイティブ・サン、スクエアや、ジャズ畑からの人々のレコードなど数10枚購入しましたが、その後、私の嗜好が変わったのか、時代が変わったのか、次第にあまり聞かなくなりました。高中 正義関係のレコードやCD、ビデオ、DVDはあわせて10強で、それほど多く購入しませんでしたが、今なお、お気に入りに残っています。

 live.jpgholizen.jpg


高中 正義関係のレコードで最初に買ったのは、たまたまレコード屋さんで見つけた、「スーパー竹中ライブ」でした。この名盤のなかでもBlue Lagoonが気に入り、毎日聞きかえしていました。翌年購入したのが、オムニバスの「ホライズン・ドリーム VOL2」でした。A面が高中正義、B面がカリオカと小林泉美の曲でした。これらは全部好みでしたが、小林泉美の「ココナッツ・ハイ」が特に好きでした。あとで小林泉美が高中 正義のバックでキーボードを弾いていたことを知りました。カセットに入れて車のオーディオでずっとかけていました。
高中正義について、まだ、なんの予備知識もなく、サディスティック・ミカ・バンドに在籍した、有名なギタリストだという知識もありませんでしたが、ラテン系の音楽の感じとギターテクニックがほかのフュージョングループと違う何かがあると感じました。なんとも言えない開放感、高揚感があります。

video.jpg mimi.jpg


今なお、聴きつがれているようで、下記で演奏が聞けます。
Blue lagoonは時期により、いろんなアレンジやリズムの異なるバージョンがありますが、これらの中に、手持ちのビデオ「ジャングル・ジェーン・ツアー・ライブ」やDVDの「ONE NIGHT GIG」からのものがあるようです。聞きなれているので、すぐそれと判りますね。

公式サイト
http://www.takanaka.com/

ウィキペディア
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%AB%98%E4%B8%AD%E6%AD%A3%E7%BE%A9

Blue lagoon(youtube)
http://www.youtube.com/watch?v=b3hXNicMQHs


ちりとてちん (3)

ちりとてちん (3)

2/4-9の週は師匠が亡くなる前の短い日々を描いていました。それぞれの登場人物が、師匠に近い未来起きるであろう出来事につい、どう考えて、どう行動するのかが、自分の性格、生い立ち、これまでの師匠との関係などではっきりした違いで描かれていました。

次第に覚醒して自分のなかでの落語の位置づけや方針を確立しつつある、あるいは既にしている弟子たちと、まだこれからという弟子たちが分かれたのが印象的でした。前者は草原、四草(両方とも既に師匠と呼ばれている)と、草々もこのメンバーに半分くらい入る印象です。師匠はこのメンバーに対しては、もうあまり、指導をしません。教えてやれることはもうない、あとはさらに自分で研鑽しろということなのでしょう。

子草若 ヒグラシの葬式

一方、自分の道が決まらず、何年たっても深い迷い道に入っているのが、若狭と小草若です。作者は、まだ自分を確立できていない、この二人が、師匠が命を賭して教えてくれた、「自分らしい落語を目指せ、自分にないものをやろうとするな」という言葉を理解して、目覚めて行くまでが今後描かれると思われます。

若狭は師匠から、「若狭、それがお前の、創作落語やなあ」「お前の宝物やぁ・・大事にしいや」など創作落語のアドバイスを受けて何回かその気になりますが、「お母ちゃん、私やっぱりできん。こんな時に落語作るやなんて・・笑える噺作るやなんて」とすぐ後戻りしてしまいます。(演じている貫地谷さん自身、B子の性格をどついてやりたいと言っていたそうです。) 師匠も他の弟子に教えるときにも、一緒に若狭にも教えているということが、鈍感なB子にはわかりません。
小草若は三番弟子ですが、弟弟子の四草から「いい加減に目覚めろ」と、三年前にと言われ、今回もまだ「草若の息子の自覚もて」と諭されていますが「おまえにはわからへん」と、親である草若に合わす顔がないと、さらに落ち込んでいます。いつもうつむき加減で表情もTV局で活躍していたころとは全く異なります。(小草若=茂山宗彦さん=モッピー 演技上手)

私もこの小草若と若狭の二人、特に小草若は偉大な親である草若に取り組んで、超えていくきっかけをそろそろ掴むのかと思っていましたが、まだ悩み続けています。それだけ自分の能力からみて、親の築いた壁は高く見えたのだと思いました。このドラマでは弟子たちをはじめ、全員を生き生きと書きわけていますが、苦悩と今なお格闘するこの二人が、このドラマの「受け継いでいく」の内容に近い立場にいるのかと思いました。ガンバレ 小草若

師匠最後の高座 弟子達
一方の師匠も、いつも洒脱で弟子たちに対しては厳しように見えても暖かい視線で接していますが、自分自身の病気が、不治の病で死期が近いことに対して、落語のように笑いとばすのかと思っていましたが、普通の人のように落ち込んでしまいます。このドラマでは完璧な人は あえて作らず、それぞれ長所短所を持った人達がいる群像劇にしたいように感じます。
お母ちゃんが、師匠がセミの亡骸を埋めて線香をあげている後ろ姿を見ているシーンは、師匠と喜代美が最初にあった場面でたんぽぽを摘んでいたシーンと対になっており、人生これから春という内容と、冬に向かって滅びていく内容を対比させて、切ない構図でした。また、師匠が残る力を振り絞って一時帰宅し、弟子たちに、地獄八景の稽古をするシーンでは、弟子達が全員正座で、正装した師匠を迎え、最後となるであろう師匠の落語を、一瞬たりとも聞き逃さないよう、もはや涙を見せず、食い入るように聞き入っていたのが印象的でした。

 


テーマ:ちりとてちん - ジャンル:テレビ・ラジオ

尾崎 亜美さん (3)

尾崎 亜美さん(3)


前回に引きつづき、お気に入りの亜美さんの曲です。なぜか、他の人に提供した曲のなかにお気に入りが多いように感じます。提供する相手とコミュニケーションしながら曲を作るそうですので、発想が広がるせいかなどとも考えます。個人的には難しい曲が多くなった「Natural Agency」のころより、それ以前のほうが好みですが、ミュージシャンや芸術家も年とともに成長して、感じる内容も変化しますから、同じところに止まってほしいというのはファンのは無理なお願いでしょう。私が進歩していない証拠でもあるのでしょうけれど。
でもこのまえTVでやっていた「サディスチック・アミ・バンド」の「タイムマシンにお願い」は加藤和彦さんなど旧友?に囲まれて楽しそうに演奏していてよかったです。

タイムマシンにお願い
http://www.youtube.com/watch?v=0kGFRaJ0UcE




新聞配達少女? PRIZM TRAIN


マイ・ピュア・レディ
有名な曲です。当時、化粧品のコマーシャルとマッチしていてこんな曲があるし、作れるんだと、新鮮な感動を覚えました。何年たっても古くならない本当の名曲だとおもいます。
マイ・ピュア・レディ(youtube)
http://www.youtube.com/watch?v=WO1IoaiTv5s

春の予感
上↑とおなじ化粧品のコマーシャルに使われていた曲で、さらにゆったり目のアレンジですが、この2曲はいずれも大好きですね。
春の予感(youtube)
http://www.youtube.com/watch?v=-ywCVWqU2ts&feature=related "

体に残るワイン
この曲を最初に聴いたころは、仕事の面でも、個人的にもちょうど転換点にあったころでしたので、心に滲みました。その後も、お気に入りになった曲です。

あなたの空を飛びたい
高橋真梨子に提供した曲ですが、どの曲でも本人の歌唱がベストだとおもいます。亜美さんはなんて歌がうまいんだといつも思っていました。

恋するマリンパーク
ウエディングベル鳴らそ」に、「ドキッとするじゃない。マジに答えられない。・・・ナイス、サプライズ」という、ロマンチックというかドラマチックなストーリーのある曲です。

PRIZM TRAIN

アルバム「KIDS」の中の数曲
シャイネスボーイ
そばかすうさぎ「心理学書も人参もかじる」
ジャングル・ジム
(アルバムコンセプトからか曲想が若く、元気のいい曲が多いです。)

After the show
LPを買ってきて最初に聞いた時、そのあまりにも「終わった」という曲想にこのまま引退するのかと疑ってしまいました。
ピアノ弾き語り楽譜(1980) 左とおなじ人?


亜美さんのアルバムはLPやCD、セルカセットなどの他、放送を録音したり録画したりしたものが数多くありますが、購入時に聴いたままで忘れてしまっている曲も多いです。最近は音楽も携帯プレーヤでしか聴く時間がありませんので、LPは取り込みが大変だったりしてなかなか聞きなおすことも困難ですが、またぼちぼち聴いてみたいと思います。

 
ほとんどアルバムは購入の日とレコード店がメモしてありますので、その時々の街やお店の雰囲気、また、コンサート会場で購入した場合は色紙、チケットなどからその日の場面がよみがえります。東芝EMI時代の曲ではJ.Conceptionさんのサックスがいつもかっこよかったですね。


 このブログのエントリ(記事)一覧ページを作成しました ↓のリンクからどうぞ
http://77117c.web.fc2.com/


尾崎 亜美さん (2)

尾崎亜美さん (2)

30年以上もファンでおりますので、これまでの人生の節々でそれぞれ、思い出となる亜美さんの曲が多くあります。 そのなかから、思い出の曲をいくつか。

amii09.jpg

FOR YOU
Little Fantasyに収録された曲ですが、「両手が少し震えるけど私の気持ちなの・・」という、今でいう告白の歌ですが、なんともやさしい気持ちにさせてくれる歌で、私にとっては、当時からほとんど亜美さんの№1とも言える曲です。
http://listen.jp/store/album_0371000000002.htm

曇りのち、晴れ
POINTS-2のトップの曲。FOR YOUと同じように「交差点の向こうで私を呼ぶ声、泣き顔じゃ振り向けない」とハッピーエンドを思わせる名曲です。
http://pc.music.jp/product/detailartist.aspx?aid=306&apage=1&cpage=3

ボーイの季節
松田聖子さんに提供した曲ですが、やはり本人の歌唱がベスト。コンサートで良く聞きましたが、最初は静かに始まり、突然アップテンポになってら盛り上がります。
http://listen.jp/store/album_pcca00240.htm

流れ星が好き
松本伊代さんに提供した曲です。流れ星に祈って願いがかなって、初めて二人で一緒に下校する学園もの。FOR YOU や曇りのち晴れのような、落ち着いた感じの曲はたまりません。

鐘をならして
コンサートでこの曲を演奏したとき、前の席のカップルが肩をそっと寄り添っていました。

10番目のミュ-(1) 10番目のミュ-(2)


恋するマリンパーク
ごめんね、Dariling
春の予感
ストップモーション
テンプテーション

こうして見ると80年代ころ、比較的初期のあまり凝ったつくりでない曲が私は好みですね。

以下は現在所有している、アルバムや本、あるいはビデオなです。もう絶版になったものもあるようで、大事にしていきたいと考えています。おまけシングル「Sweet Chiristmas Song」など、もっと持っていたはずなのですが、見当たりませんでした。

アルバム購入記念の色紙 スーパーベスト(1987) 


種類 題名 媒体 
アルバム                           SHADYLP             
MIND DROPS
STOP MOTION
PRISMY
LITTLE FANTASY
MERIAN MERON
HOT BABY
AIR KISS
SHOT
MRACLE
PONITS
PLASTIC GARDEN
10番目のミュー
POINTS-2
KIDSCD             
時間地図
LAPIS LAZULI
DINNER'S READY
Natural Agency
POINTS-3
月の魔法
ウイシュ
Amii-PHONIC
三重マル
SPECIAL-AMII OZAKI
尾崎亜美スーパーベスト
尾崎亜美スーパーセレクション
尾崎亜美BEST SELECTION
イノセント 
カセット尾崎亜美作品集 
ビデオフロムミュー 

オートラマ1983.05愛に恋




カレンダー

最近の記事
FC2カウンター

最近のコメント
カテゴリー
ツイッター

月別アーカイブ

リンク
プロフィール

Groove

Author:Groove
音楽(クラシックと演歌以外)と、映画、PCの日々。古い話を含め、お気に入りを書いていきます。

ブログ内検索

RSSフィード