These foolish things

音楽を中心に新しいもの、古いものをなどMy Favaritesを。時には映画やWho's Whoなども

私淑した人々(1) 高橋和巳


私淑した人々(1) 高橋 和巳

最初に手にした高橋和巳の文章は、ふとしたきっかけで借りて読んだ「われらの文学」シリーズのなかのある一巻でした。そのなかには柴田翔「されどわれらが日々」、倉橋由美子とともに高橋和己の「悲の器」がありました。それがきっかけで高橋和巳を読むようになりました。自分が最初に購入したのは「捨子物語」でした。ほとんどストーリーが感じられない悲惨で破滅的で全体に混沌とした内容でしたが、最後にこれから育ての親となるような人が現れて、わずかな救いが感じられました。

daraku2.jpg ningen2.jpg

まだ、古典的教養人とか知識人などという言葉が生きていた時代で、高橋和巳は吉川幸次郎の門下で中国文学の一流の研究者であり、京都大学の助教授いう肩書きからまさに知識人そのものでした。当時の大学生は大学への進学率も低く、一応は選ばれた人であり、そのなかでも大学の教職にある筆者は自他共に認めるエリートそのものでした。そのエリートが思想、文学に傾倒し、次第に正統な学究の道から外れて自ずから信じた文学の道に入って行ったのでした。「憂鬱なる党派」に登場する、戦後すぐに学生生活を送った人たち、の一部の人は、それこそ当時ある位置を占めていた「党派」の思想とどうつきあうかを問われ続けたのでしょう。この小説ではもはや死語となった「六全協」後の学生達の挫折と分裂したその後の日々を描いています。


高橋和巳は次第に全共闘運動に共鳴していき、新しい可能性を模索しているなか、夭折しました。「邪宗門」など大作があるなかで、最も印象に残ったのは小品「堕落」のなかで、孤児院を開いていた主人公が、堕落を重ねて行き倒れているとき、ちんぴらにからかわれて、安物の傘で「ほんとうに人を殺すのはこうするものよ」とちゃちな自己満足している貴様らになにができるかと言いつつ、人間を空気袋のように突き殺すシーンでした。


高橋和巳
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%AB%98%E6%A9%8B%E5%92%8C%E5%B7%B3

堕落
http://kenbox.jp/monsterbox/bungaku/takakazu.htm

六全協
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%97%A5%E6%9C%AC%E5%85%B1%E7%94%A3%E5%85%9A%E7%AC%AC6%E5%9B%9E%E5%85%A8%E5%9B%BD%E5%8D%94%E8%AD%B0%E4%BC%9A


牧太郎 雑草の怪物・ハイセイコー

スクラップブックから

私は競馬はやりませんが、ハイセイコーのことはよく覚えています。競馬では最も重要視されるのが血統で、それで子供の能力や将来性、賞金などが大部分見えてしまう、現代を先取りしたかのような血統による秩序がある競馬ウマでの世界で、その当時、過去の概念を超え、実力だけで成りあがってきたハイセイコーという英雄にみんな自分をなぞらえて、希望を持ったものでした。今と違ってまだ、将来「もしかしたら俺だって」という可能性を信じられた一時でした。その後、負けがかさんで「やはり、夢だった」と、精神的抜け殻のようになったものです。その時代の空気を的確に表現した、寺山修司はやはり、すごい人でした。

ハイセイコー04
ハイセイコー2

雑草の怪物・ハイセイコー死す
負けることの美学(2000.5.5 毎日新聞)


ハイセイコーは、″革命前夜″に登場した。その日のことを、僕は鮮明に覚えている。地方の大井競馬場で6戦6勝、中央に入ってからも4戦4勝。怪物・ハイセイコーが負け知らずでダービ一を迎えたのは1973(昭和48)年5月27日だった。東京競馬場に16万人。ハイセイコーの単勝は売り上げの66.55%だった。数字から見ても、これは革命だった。
学園紛争で世の中は騒然。雪の越後から出稼ぎにきた、学歴もそれほどでもない田中角栄が天下をとった。時代は″革命のにおい″を感じていた。生物学者でもある昭和天皇が「どんな雑草にも名前があるんですよ」とおっしゃったことを僕は覚えている。
地方の雑草・ハイセイコーが中央の血統馬に挑戦する--このことだけで″革命前夜″たった。保守派は「あれはダート馬だ」「単なる力馬だ」とさげすんだが、馬券を初めて買った庶民は、日本一を決めるダービーでの雑草の勝利を信じていた。
詩人・寺山修司は、こんなことを書いている。
 ふりむくと 一人の少年工が立っている 彼はハイセイコーが勝つたび うれしくて カレーライスを3杯も食べた 
寺山が書いた「少年工」は庶民の代名詞である。その日、ハイセイコーは内ラチ沿いに懸命に走り、力尽き3着に敗れた。″革命″の挫折に人々は虚脱感を味わった。
ハイセイコーの人気は負けるたびに沸騰した。負けることが″革命前夜″の美学のように。当時、日本は今と変わらない大不況たった。オイルショック、ドルショック。人々は国民的なスターになったハイセイコーの快勝、惜敗を眺め、繁栄が現実なのか、不況が虚構なのか、見極めがつかないうちにバブル景気に突入した。種牝馬になった彼はそこそこ活躍した。息子のカツラノハイセイコのダービー圧勝は記憶に残ってはいるが、種牝馬としては良血馬に後れをとった。
それでも彼の枚萄には「ハイセイコー様」というあて名のファンレターが1日に何十通も届いた。寺山が「ふりむくと」というキーワードで始まる哀詩を書いたころと現在の日本は大分変わった。「革命」なんていう言葉は死語になった。心と心を通じ合うことが苦手になった日本人は、電脳に追いかけられてロマンまで忘れてしまっている。たび重なる少年犯罪の前で何をしていいのか分からない。人生までマニュアル本で片付けてしまうようなパサパサした毎日。こんなとき、ハイセイコーは静かに息をひきとった。

明日が光が見えない
(2000.050.5スポーツニッポン)
白いメッシュのマスクと500キロを超す黒い雄大な馬体。ある時は雑草のように、伊達(だて)男のように、革命児のように走り続けたハイセイコーが誰にも看(み)取られることなく死んでしまうなんて
(中略)
ハイセイコーは「思想」を持った競走馬だった。反血統だった。反中央だった。「単なるダート馬、力馬でしかない」という評判に盾突いた革命派だった。一流大学を卒業して一流企業に就職したエリートともてはやされた人ではなく、どこにでもいる人々に愛された存在だった。地方育ちの野武士が血統馬をなき倒す。中流階級はハイセイコーに″光″を感じたのだ。
【牧太郎」


スクラップブックより

スクラップブックから

映画「愛を乞うひと」を記してから、再度映画全体を見直していますが、随所に挿入される回想シーンで子供だった主人公が親となって、自分の子と向き合うという輪廻が不思議な感じでした。子供も高校生くらいになって親を良くも悪くも理解する、あるいは理解してもらえるようになると、背負っていた一部を下ろせたようで楽しいでしょうね。そこに至るまでには、永い年月が必要です。「産まれたるちごの大人になる」までに、暗い小道で道を外れてしまう人こそ、寄り添う人が必要なのでしょう。

余禄(2004.9.17 毎日新聞)

「ゆくすえはるかなるもの」の一つに「産まれたるちごの大人になるほど」を挙けたのは「枕草子」の清少納言だ。人が大人になるのは誰にとっても長い道のりである。その先にはどこへ続くとも知れぬ分かれ道や深い森、危ない底なし沼も待っている
一人の女児から大人になる道を永遠に奪い去り、もう一人の女児心に長く続くであろう暗く狭い道を歩ませることになった長崎県佐世保市の小6同級生殺害事件である。その少年審判で、加害女児を自立支援施設に送致するなどの保護処分が決まった
11歳の女児に同級生の命を奪わせたのはいったいどんな魔物なのか-家庭裁判所の決定を通して、そんな加害女児の心を探った魔が明らかにされるのを見守っていた人もいただろう。だが決定を読む限り、起こった惨事に見合うような異形のものの姿は見当たらない。感情表現に不器用で、怒りをコントロールできず、ホラー小説が好きな子は珍しくない。もしかしたら鑑定が不十分だったのだろうか。いや、もともと、誰にでも分かるような原因を女児の心の中に求めるのが無理だったのではないか
「子どものすべては理解できないと分かったうえで、理解する努力を続けてください。それぞれのやり方で」。
被害者の御手洗怜美さんの父啓二さんはそう手記に書いた。恒美さんを奪い去った出来事の真実を知ることのできないもどかしさと無念の中で記された真実の言葉である。
大人への長い道のりで子供とって最も大切なものは、親や大人に見えない小道を通って育っていくのに違いない。だがその小道は恐るべき暗闇へと続いていることもある。親のでさること、できないこと、やらねばならないこと。それそれをもう一度見つめ直したい。

 


TVドラマ 「元カレ」

TVドラマ「元カレ」

2003夏 TBS系で放送されたドラマ

デパートの新入社員の柏葉東次(堂本剛)と、早川菜央(内山理名)、元カノ佐伯真琴(広末涼子)の、三角関係を描いく。新入同士で交際している東次と菜央の前に、念願の広告代理店に入って今や、同じく新入社員でありながら、努力の末、独自の企画を起こすなど実力を発揮し始めた真琴が再び登場してからを描いた作品。最初は知らん顔をしていた東次の新しい相手を見てから、キャリアウーマンの真琴の気持ちが揺れはじめ、仕事でもスキャンダルで下ろされて挫折して神戸に新天地を求めようとして去っていく最後に東次が菜央が振ってくれたおかげで、本心をようやく打ち明ける最終話までを描きます。
広末涼子さんは実生活では結婚直前だったかと思いますが、名演技でした。それにしても東次はしかたない面もあるのですが、優柔不断でしたね。 菜央とは実家の挨拶の話まででているのに、他人行儀な感じで不思議な感じでした。

DVD-BOX

実家が木造のクリーニング屋で昔かたぎの父親など家族で暮らしていること、予備校生の弟、母親の実家の九十九里の海岸やひなびた駅などトレンディードラマとはひと味違って、生身の人が感じらえるドラマで久しぶりに連ドラを見てしまいました。

気に入ったので、番組で使われていたペアのイルカの携帯ストラップのほか、初回特典DVDを購入しました。
番組の音楽はKinki Kidsの「薄荷キャンディー」と挿入歌でサザンオールスターズの「TSUNAMI」で後者は学生時代の回想シーンで使われてピッタリだったのですが、著作権の関係かDVDでは差し替えられていて残念でした。

02A.jpg彼女の告白

公式サイト
http://www.tbs.co.jp/motokare/

元カレ ウィキペディア
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%85%83%E3%82%AB%E3%83%AC

TSUNAMI シングルCD



愛を乞うひと


愛を乞うひと

 

下田治美さんの原作小説とそれを元にした、平山監督の映画です。

小説映画

子供時代に母親から虐待、今でいうDVを受けた主人公が、娘を伴って父親の遺骨探しに台湾に出かけ、そののち、幼少期精神的・肉体的に虐待を受け続けた母親を探して訪ねるまでを描いています。
幼少期では全面的に依存せざるを得ない母親から、正視に耐えられないような拷問を振舞われても、なお自分のルーツである、親を探しにでかける主人公を、原田美枝子さんが、母親役との1人2役を見事に演じています。特に主人公の楚々としたなかにも凛とした態度の演技は見事でした。最後に母親と再会した時、お互いに名乗らず、客としての会話をして帰途につくシーンはようやく、過去の母親との関係に決別でき、自分の位置が把握できたこと示すシーンで歴史的な名場面だと思います。
家庭内暴力は、意識しないで連鎖することが多いと言われていますが、それだけ親になった時の自分の親の影響が大きいということなのでしょう。映画では結論は敢えて示していません。それは観た人がを考えろということなのでしょうか。

関連スレ 「読売新聞 発言小町 親に言われて、心に刺さって抜けない言葉」

http://komachi.yomiuri.co.jp/t/2007/0717/138566.htm?from=yoltop

子供との毎日を描いた「呪い」シリーズ↓の筆者が、と仰天させらた渾身の小説と映画でした。

essei1essei2.jpgessei3.jpg


[Read More...]

隠れた名曲(2)

隠れた名曲(2)


DOWNTOWN


隠れた名曲ではなくて、本当の名曲ですが、その昔、土曜日に「おれたちひょうきん族」のエンディングでEPOが歌っていました。番組を見終わる時にかかる「DOWNTOWN」で一週間が終わった開放感を味わっていたものです。当時は週休2日ではなく、半ドンでしたので、土曜日の午後は街に繰り出した後、家で一杯きこし召した状態でうつらうつらしている時が、仕事がきつかった1週間時の疲れを癒すほんのひと時、当時の至福の時でした。 最近足が遠のいていますがコンサートやライブにまた行ってみたいですね。


持っているアルバムはEPOの「う・わ・さ・に・な・り・た・い」とシュガーベイブの「SONGS」がありました。


SONGSうわさになりたいグッディーズ


試聴サイト↓ アルバムにより、アレンジが異なります
http://listen.jp/store/album_4988006126497.htm
http://listen.jp/store/cddetail_4988017648056.htm
http://www.neowing.co.jp/JWAVE/detailview.html?KEY=BVCK-17001


下は新聞の切り抜きから


 




 


土曜日の"わくわく感を思いだしたくて
仕事は置いて、出かけよう



階段を降りて、ドアを開ける。するといきなり響いてる大音量。ミラーボールの光が目にまぶしい。70~80年代のディスコミューージックに合わせて踊っている人々をそっと見渡す。年齢層は高そう。ほとんどが40代といったところ。ステップを踏む足に年季が入っている。以前、″伝説のディスコ″に足を踏み入れた時のことだ。週末の夜、10時ごろ。仕事帰り、家の近くを歩いていると、必ず何人かの人に聞かれた。「あのディスコはどこにありますか」と。時には酔ったカップルから、「一緒に行きましょうよ」と誘われたこともしばしば。あまりに道を尋ねられるので、どんなところだろう?と好奇心かわいて、実際に行ってみようと思ったのだった。


真面目な学生だった私(本当です)は、ディスコに通うことはなかったからその面白さがわからなかった。けれど経験してみると、理屈抜きで楽しかった。土曜日にわくわくするようなことって、もうぽとんどなくなっているよね」というのは、一緒に行った
高校時代からの友人。「週末は子供だちとの時間だもの」と。私にしてみてもそうだ。土日も仕事なんて当たり前になっている。シュガー・ベイブの名盤「SONGS」を聴くと、その、忘れてしまった″土曜日のワクワク惑″がよみがえってくる。山下達郎、大貫妙子らが在籍したグループが、75年に発表したアルバム。何かが始まる予感に満ちた「SHOW」。そして「七色の黄昏降りてきて……」というフレーズで華やかに始まる2曲目の「DOWNTOWN」。山下達郎の声の軽やかさは甘いときめきを連れてくる。青春、なんていうと照れるけれど、ここには紛れもなく色裾せることのない話の頃″が詰まっている。「ダウンタウンにくりだそう」彼らの歌声に誘われて、出かけてみよう。億劫がらずに。仕事もちょっと傍らに置いて。新しい何かに、きっと出会えるはずだから。


土屋典子(つちや・のりこ=フリーライター)


隠れた名曲(1)

隠れた名曲(1)


一般的には知られていないアーティストや、有名なアーティストでも代表曲でないため広くしられることのない曲があります。毎週週末には1枚、まるで義務のようにLPを購入していた頃、お気に入りのアーティストがアルバムを出していない時は、少し気になったアルバムを買って、新しいお気に入りを探していたものでした。



そんななかからの数曲です。
泰葉
LP「White Key」から下町スウィング
デビューしたころのアルバムですが、おきゃんな4ビートがたまりませんね。
YASHA




ハイ・ファイ・セット
LP「3 Notes」からLAST BALLAD,
LAST COIN
たしか、アメリカに行ってジャズクラブめぐりをした結果、ジャズの影響が濃いアルバムですがこの曲は夜遅くバーでジュークボックスの曲を聴きながらひとりで別れをかみしめているシーンをピアノの流麗なメロディに載せた絶品のバラードです。


ハイファイセット
下のURLで試聴、購入できます。
http://listen.jp/store/album_0371000000160.htm


横浜ホンキートンクブルース
藤竜也とエディ藩がつくった名曲で多くの人がカバーしています。私が持っているLPでは
エディ藩LP「BLUE JADE(82年)」、と石黒ケイLP「横浜ラグタイム」でした。


00000001.jpg


石黒ケイ



エディ藩のバージョンは以下で試聴できます。
http://www.ongen.net/search_detail_track/track_id/tr0000043071/



YouTubeの横浜ホンキートンクブルースのライブ映像
原田芳雄バージョン
http://www.youtube.com/watch?v=rsoNBmlLrio&feature=related


石黒ケイバージョン
http://www.youtube.com/watch?v=XPFGBQLFxZQ&feature=related


結局、詳しい理屈が分からなくても気にいった曲は結局、スウィングジャズ系統のものか、ブルース進行のものだったりします。本牧もフローズンダイキリも知らないけどね。


[Read More...]

話の特集

雑誌 話の特集(1)


1965年から約30年続いた、日本のポップカルチャー(サブカルチャー)を代表する雑誌。編集長は矢崎泰久さんで、当時まだ無名だった横尾 忠則さん、立木 義浩さん、和田 誠さん(アートディレクタ-)、篠山 紀信さんなど幾多の才能ある新人を慧眼で見抜き、どんどん登用して花開かせたと同時に当時すでに高名だった人も独自の人選で掲載しました。原宿のセントラルアパートにあった編集室は、後日、革自連などを結成することでも分かるように、反権威と反権力の砦でした。



ほぼ雑誌の創刊から終刊まで購読し、多くの才能ある人達を知ることができました。かろうじて同時代に生きていられて良かったと感じた以下のような人達もいました。おりにふれて気にいった記事や執筆者をいろいろ御紹介したいと思います。



安藤 鶴夫(文芸評論家)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%AE%89%E8%97%A4%E9%B6%B4%E5%A4%AB
平野 威馬雄(フランス文学者)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B9%B3%E9%87%8E%E5%A8%81%E9%A6%AC%E9%9B%8
柳家 三亀松(都々逸、艶談の名手)


当時の状況を知るための本

「話の特集」と仲間たち
話の特集と仲間たち

話の特集創刊40周年記念号
記念号

立木 義浩「セントラルアパート物語」


[Read More...]

カレンダー

最近の記事
FC2カウンター

最近のコメント
カテゴリー
ツイッター

月別アーカイブ

リンク
プロフィール

Groove

Author:Groove
音楽(クラシックと演歌以外)と、映画、PCの日々。古い話を含め、お気に入りを書いていきます。

ブログ内検索

RSSフィード