These foolish things

音楽を中心に新しいもの、古いものをなどMy Favaritesを。時には映画やWho's Whoなども

コウノドリ2 (2)

コウノドリ2 その(2)



20171225b.jpg

コウノドリが終わってしまった。毎話、ペルソナの産科と新生児科のチームが直面する妊娠と出産、その後の子育てを含めたいろいろな困難と家族の生きる姿を見せて貰った。手術や出産などの真剣な場面はドラマでありながらまるでドキュメンタリーのようで、時折控え室で見せる息抜きのシ-ンで、視聴者としても同じように一息つくことができた。

20171225f.jpg  20171225d.jpg

ドラマのなかで、出産は奇跡だがその後赤ちゃんがいる生活が続くといっていたが、保育所/待機児童の問題や、父親の長時間労働で母親がワンオペ育児をせざるをえなくなり疲弊困憊していく現実も正面から描いていた。自分の場合はどうだったろうか、あるいはドラマの親の立場になっていたらどういう判断をしたのだろうかと考えさせられた。前回の本ブログの記事で、ドラマではまだ触れられていない遺伝子異常、羊水検査、妊娠中絶などのさらに過酷な現実があるのではと書いたが、最終の2話で原作でもまだ描かれていないこれらのテーマにも取り組んでいた。出生前診断ではテーマの重さゆえか、見ているうちに考えあぐね、次第に体調が悪くなりその日は視聴ができなくなるほどだった。

20171225a.jpg  20171225e.jpg

それでも、赤ちゃんが誕生して産声をあげるシーンはいつでも希望にあふれていて涙が出た 特に仮死状態で生まれた赤ちゃんが蘇生手当ての結果、ようやく泣き始める場面では、ほんとうに生きていて良かったと嗚咽が漏れた。

20171225c.jpg

コウノドリは周産期センターの医師を始めとする医療スタッフと患者/家族による色々な生きかたを題材に取り上げていながら、実は社会のなかで翻弄されながらも生きている人間の生き方を描いた稀有なドラマだったと思え、またコウノドリの第1シーズンに比べても真摯な物語が多かったと思う。昨年同期の逃げ恥もそうだったがやっぱりTBS、琴線に響く。当分はコウノドリロスが続く。


毎回胎脂が残る新生児を登場させるのは相当の覚悟と周等な準備が必要だろうと思う。フジのコードブル-第3期と比べると、局やスタッフのドラマに懸ける姿勢の違いが顕著だ。

前回のコウノドリの記事




Perfume Anniversary 10days

Perfume Anniversary 10days 2015


LIVE 3:5:6:9に参加してきた。武道館は初めてだったけれど東京ドームよりこじんまりした箱で、さらに客席と中央のステージの距離が近かった。席は1階だったけれどメンバーの仕草も装置の動きの様子も見られて丁度良かった。セットリストは10周年記念ということもあり、デビュー当時の曲のサイコロによる選択なども含め、古めの曲が多かったけど、好きな曲ばかりで大満足だった。あと希望するとしたらEdgeやGlitterくらいかもしれないと思った。

20151010b.jpg 

なにより、ライブ全体を通して、メンバーが観客と一緒に10周年をこころから楽しんでいる様子が伝わってきた。

あと、どれくらいこのまま続くのだろうかと思ってしまう。アリーナツアーも外国ツアーも、紅白連続出場も果たしたところで、まだ目指したい目標があるのか、ステージのレベルをさらに上げたいのか、あるいはそれがなくてもモチベーションを保っていけるのか。そんなことは本人達が一番考えているのだろうから1ファンとしては結論が何でも本人達の意思を尊重しようと思う。

20151010a.jpg

アリーナでないと銀テープが手に入らないのは唯一残念。LEVEL3東京ドームもスタンドだったのでやはり降ってこなかった。それにしても後ろや横から見られる正面のない全周ステージの武道館はおもしろい。

↓エーザイの記念CM。会場でドリンクを貰った。


グルングルンの感想
東京ドーム2013.12  





8.30国会前

8.30国会前抗議行動


やむに止まれない気持ちで8.30の国会前抗議行動に行ってきた。当局は参加者を両側の歩道に止めようとしたようだが、後から後からラッシュ時のターミナル駅のように人が降り立って、自然に歩道から車道に溢れ、広い国会前の道路は身動きもできず立錐の余地もなくなっていた。。

201508301.jpg

参加している人は子連れなど老若男女多様な人たちだった。組織の旗もあったが、個人やグループが手作りしたワッペンなどを付けている人が圧倒的多数であちらこちらで歌やアピールをしていた。安保法制や官邸に対し押し流されずに抗う同じ危惧を持った人が多いことに元気付けられた。

DSC_0059.jpg  DSC_0065.jpg  DSC_0062.jpg

たった2時間程度の擬似解放区で、香港やその他の国のように何日も何ヶ月も集会を続けるわけではなく、集会が終わったらまた普通の日常が待っているのだけれど、やることはやったと満足せずに辛抱づよく繰り返し行動することが最も大切だと思った。また行く。

Perfume 5th Tour 2014 「ぐるんぐるん」

Perfume「ぐるんぐるん」


去年の秋に開催され行けなかったライブのBlu-Rayが発売されたので、初回版を購入して見ています。ステージが小さいだけに、Game TourやWorld Tour 1-stのような熱気も感じられて心地よいビデオです。前年のLEVEL3のライブビデオは、ハードなアルバムLEVEL3からの曲が多く、ステージも大掛かりな仕掛けが多くて迫力に圧倒されましたが、ぐるんぐるんToueは、またイメ-ジが変わって、LEVEL3とJPNとの間のようなナチュラルな感じでした。

0005_201503211441122b3.jpg

いつもステージを見るたびに、その圧倒的な様式とパーフォーマンスの凄さに圧倒されその高みに至るまでの全てを考えて泣けてきます。そして「もう完成しつくして芸術の域に達したのではないか。この先さらに何をやりたいと思い、どうして変化いくのだろう」と考えるのですが、今回は特にそんな感じがしました。ステージの技術や音楽はライゾマの真鍋さんや中田ヤスタカさんなどが、さらに変わってレベルを上げていくのでしょうが、そのなかにいる、肝心の本人たちはどう変化していくのだろうと思い、もうやることがないと考えたら引退が見えてくるのではないかと危惧しています。1ファンとしてはマンネリに陥ってもいつまでも続けてほしいのですが、本人達が望めば終わりにするのもありか、と複雑な気持ちです。とりあえずは、次のライブまでこの映像や次回シングルなどでぼちぼち楽しみます。

0007_20150321144115ae4.jpg  0012_20150321144116c27.jpg


SXSWのステージ。もう何が何だかわかりません。



アニバーサリーサイト
www.perfume-web.jp/anniversary/


[Read More...]

カレンダー

最近の記事
FC2カウンター

最近のコメント
カテゴリー
ツイッター

月別アーカイブ

リンク
プロフィール

Groove

Author:Groove
音楽(クラシックと演歌以外)と、映画、PCの日々。古い話を含め、お気に入りを書いていきます。

ブログ内検索

RSSフィード